2014年7月 6日 (日)

バシンBathin

●愛想の良い悪魔
バシンはバティン、バティム、マティム、マルティムなどさまざまな異名を持つ悪魔です。
地獄の公爵(あるいは大公)であり、ソロモン72将のひとりです。偽エノク書の目録にも名前が記載されています。悪霊の30個軍団を率います。

蛇の尾を持つたくましい(または死体のような)男の姿で現れ、蒼ざめた馬に乗っています。

薬草や宝石の効能を見抜き、「完成」「成功」「頂点」「終点」をつかさどります。

召喚されると、術者を乗せて空を飛び、みるみるうちに遠くまで運ぶことができます。

また、地獄の業火に対し我慢強く、火の源の一番深い区域にいて、ルシファーの側近としてかいがいしく仕えているそうです。素早さと愛想の良さには地獄の中でも並ぶ者がない、ともされています。



●亜種・別名など
バティン/バティム/マティム/マルティム

ゾンビZombie

●ブードゥーの精霊
ゾンビは映画や小説などでお馴染みの「生ける死体」です。
術者が復活の儀式を行ったか、あるいは別の理由があるかなどで、身体は死んだまま復活を遂げ、術者(死霊術師、ネクロマンサー)の命令に従って他の人間を襲ったり、簡単な仕事をしたりします。
時には自分の意思で動き、術者自身をも殺してしまうような場合もあります。

このゾンビが実在すると言うと、驚く人も多いかも知れません。
正確には、ゾンビと呼ばれる人間が実在する、と言うべきでしょうか。
カリブ海に浮かぶ島ハイチ。その住民の間で信じられている民間信仰ブードゥー。

ゾンビとはもともと、そのブードゥーの秘法によって蛇の精霊ズンビーを憑依させた「死体」のことを差し、ゾンビ化された人間は司祭である黒魔術師(ボコール)の意のままに動きます。

かつては結社(コミュニティ)の掟を破った者や、犯罪をおかしたアウトローなどに多く施されていたようで、今でもしばしばゾンビ化された人の話を聞きます。


●ゾンビパウダー
もちろん、ゾンビが実在すると言っても、本当に死体に精霊を憑依させているわけではありません。

生きた人間を仮死状態にした後、「自分は死んでいる人間なのだ」「黒魔術師(ボコール)の言うことには逆らえないのだ」と強い暗示をかけているだけです。
だから、普通にものを食べますし、夜には寝ます。受け答えも(術者が許せば)きちんとできます。事故か病気かで本当に死んでしまえば、二度と復活することはありません。

この秘術には「ゾンビパウダー」という特殊な粉を使用します。
この粉にはフグ毒として有名な「テトロドトキシン」が含まれていて、服用した人間は意識ははっきりしているのに身体が動かなくなる、いわゆる金縛り状態に陥ります。
黒魔術師はその状態で暗示をかけ、身体の自由と引き替えに懲役などの刑罰を課したわけです。

だから、ハイチの人々は、今もこのゾンビ化の秘法を非常に恐れています。いつ自分がゾンビにさせられるか分からないからです。私たちが懲役刑や終身刑を恐れているのと一緒です。


●復活する死体たち
このように、ゾンビとは、比較的素朴な秘法のひとつに過ぎませんでした。それなのに、何故死体が蘇って人間を襲うような、非常に恐ろしいイメージを持つようになったのでしょうか。

それは、恐らくG・ロメロ監督の名作ホラー映画「ゾンビ(原題:Night of the Living Dead)」の影響によるものでありましょう。
この映画は三部作まで作られ、人気を博し、世界中にゾンビの名を轟かせました。

さらに、その設定を生かした小説・ゲーム・漫画が作られたり、世界中に点在するヴァンパイアやグール(生ける死体)の伝承と混同されたりして、次第にゾンビ=人間を襲う生ける死体のイメージが広まっていったのです。
むろん、本来のゾンビにそのような性質はありません。

なお、「ゾンビ・カクテル」と言われるものがありますが、これは怪物のゾンビとは関係なく、ラム酒とオレンジジュースを混ぜてシェークしたカクテルのことです。

名前の由来は、口当たりが非常に良いので飲み過ぎてグロッギーになるからとも、あまりに美味しすぎるため、マイケル・ジャクソンの「スリラー」よろしく、死体が起きあがって踊り出すからとも、あるいはオレンジ色のあの色調がゾンビの肌の色を連想させるから、とも言われています。



●亜種・別名など

リビング・デッド(生ける屍)/腐った死体/疆屍(キョンシー)/グール

ゼウスZeus

●ギリシア神話の最高神
ゼウスはギリシア神話の天空神にして最高神です。
その名前は「天」「昼」「光」を意味する印欧古語に由来します。

ローマ神話のユピテルJupiterに当たり、英語ではジュピターと呼ばれます。その名はまた木星に与えられています。

同じ天空神でも、天のみを支配するウラノスとは違い、種々の気象的現象(雨、風、雷など)を生ずる空の神であり、同時に地上の神でもありました。同時に、人間社会の秩序を守る、全ギリシアの守護神でした。

彼の聖獣は鷲であり、聖木はオーク(ナラ、カシ類)の木です。
生け贄には山羊、牡牛、牝牛が捧げられました。武器は雷霆(らいてい)であり、彼の像は片手に雷霆、もしくは王笏を持った姿で表されます。


●ゼウスの生い立ち
ゼウスはクロノスとレアの息子の末子であり、父クロノスの乱心を避けて、クレタ島のアンガイオン(異説あり)の洞窟で生み落とされました。

妖精(ニンフ)もしくは牝山羊のアマルテイアの乳を与えられて育てられ、成長した彼は、クロノスの腹の中から兄弟姉妹を取り返して、クロノスらをはじめとするティタン神族に戦い(ティタノマキア)を挑みます。

結果は、10年かかったものの、ヘカトンケイル族やキュクロプス族を味方につけたゼウス側が勝利します。

その後、兄(弟という説もあり)のポセイドン、ハーデスとともに、どちらがどこを支配するか、くじ引きを行ったところ、天界を支配することが決まったので、ウラノス、クロノスに続くゼウスの世界支配がなりました。


●ゼウスと怪物との戦い
しかし、世界支配がなっても、安心はできませんでした。
ガイアが我が子を倒した孫(ゼウス)を恨んで、ギガース(巨人族)をけしかけてきたからです。

ギガースは父クロノスが祖父ウラノスの一物を切り落とした時、その血が地面(ガイア)にしたたって生まれた子供です。いわば、彼は叔父らに戦い(ギガントマキア)を挑まれたのです。
この時も、彼は我が子ヘラクレスの協力を得て、何とか巨人族を撃退します。

それでもなお、憤懣(ふんまん)やるかたない祖母(ガイア)は、最後にガイアとポルキュスの子供であるテュポンをけしかけます。
その余りの恐ろしさに、他の神々はみな逃げ出してしまいましたが、ゼウスは単身戦いを挑みます。この戦いに名前はついていません。結果は、雷霆(らいてい)で圧倒したゼウスの勝利でした。

こうして、三度の戦いに勝利したゼウスは、神々の長としての地位を不動のものにします。


●浮気性の神
ゼウスは浮気性の神としても知られます。

あちこちの女神や妖精(ニンフ)、人間の女性に手を出しては、正妻ヘラの嫉妬を受けて女性が受難を受ける、というパターンがほとんどです。

これは、かつてのギリシア名家・王家が、ゼウスに祖先を求めたり、異民族の神話体系がギリシア神話に取り込まれたりした結果だと言われています。
名家・王家はゼウスに連なる家系であることを主張することで、支配権の確立を狙い、異民族はギリシア神話の最高神と繋がることで、ギリシア人への同化を行ったのです。

ですから、彼は厖大な数の子供を残したことになっています。主な子供をざっと挙げただけでも次の通りです。

(対アイギナ)=アイアコス
(対アルクメネ)=ヘラクレス
(対アンティオペ)=アムピニオン、ゼトス
(対イオ)=エパポス
(対エイリュメ)=カリテス
(対エウロペ)=ミノス、ラダマンテュス、サルペドン
(対エレクトラ)=ダルダノス、イアシオン、ハルモニエ
(対カリスト)=アルカス
(対セメエ)=ディオニュソス
(対ダナエ)=ペルセウス
(対タユゲテ)=ラケダイモン
(対テミス)=ホライ、モイライ
(対デメテル)=ペルセポネ
(対ニオペ)=アルゴス、ペラスゴス
(対プルート)=タンタロス
(対ヘラ)=ヘベ、エイレイテュイア、アレス、ヘパイストス(*異説あり)
(対マイア)=ヘルメス
(対メティス)=アテナ
(対レダ)=ヘレネ、ディオスクロイ
(対レト)=アポロン、アルテミス


●ゼウス信仰
ゼウス信仰は古代ギリシアの先住民族、ペラスゴイ人の時代にまでさかのぼると言われています。ゼウスの神域にはオリンピア、そしてドドナが挙げられますが、ドドナはペラスゴイ人の神域でもありました。

彼は当初から諸王における大王の如く、全部族の神の長としての役割を与えられており、ギリシアで王制がすたれた後も、大はポリス、小は個人の権利と自由を守る存在として信仰を集め、紀元前5世紀ごろには、ほぼ全知全能の存在として崇められるに至りました。

予言も彼の重要な職掌のひとつとされ、ドドナで行われる予言、あるいはアポロンの神託で有名なデルフォイで行われる予言は、ゼウスがオークの木のささやき、またはアポロン神の口を借りて行うものだとされました。

ゼウスはまた、最初に述べたように、天候と気象をつかさどる存在として崇敬されたので、霧や雲が発生しやすい場所、たとえば高山の中腹や頂上に、彼に捧げる神殿がいくつも造られたと言います。神々が棲むと言われるオリュンポス山もそのひとつです。



●亜種・別名など
ユピテル/ジュピター

ゼパルZepar

●真紅の悪魔
ゼパルは地獄の大公爵にして、29の悪霊軍団を率いる有力な悪魔です。一般に赤い鎧の兵士姿で現れますが、なぜか足を引きずっています。
ソロモン72将のひとりです。

女性の心を、特定の男性に対する恋の炎で燃え上がらせることができ、また、その手で触れるだけで相手を不妊にすることが可能です。

「小心」「強欲」「吝嗇(りんしょく)」をつかさどります。


●亜種・別名など
ゼパール

ザガンZagan

●有翼の牡牛
ザガンは地獄の大王にして総裁です。30の軍団を従え、グリフォンの翼が生えた牡牛の姿で顕現します。
人間時(?)の姿は黒・赤・白の3つの胴体を持った奇妙な格好です。ソロモン72将のひとりとされています。

錬金術にたけており、血を油に変えることができ、他にも水をワインに、ワインを水に(または血に)変えることが可能です。

また、一時的にですが、愚者を賢者に変えることもできるようです。鉛を銀に、銅を金に、そしてあらゆる金属を貨幣にするとも言われています。



●亜種・別名など
ザガム

ワイバーンWyvern

●ヨーロッパのドラゴン
ワイバーン(ワイヴァーン)はヨーロッパの伝承に登場するドラゴンの一種です。
その名前は「クサリヘビ」を意味する言葉から来ていると言われ、一説には、フランスのドラゴンであるヴイーヴルがイギリスに渡って変容したものと考えられています。

ワイバーンはフランスやイギリスの動物寓意譚によく登場し、その姿は頭がドラゴン、身体はヘビ、翼はコウモリで、2本の足を持ち、尻尾はモリのように尖っているとも、トゲが生えているとも言われています。

普段は陸の上に住んでいますが、湖にも現れることがあると言われ、その場合は足に水かきが生えています。
食性は肉食で、出合ったものは何でも滅ぼすとも言われています。

中世以降にはその雄々しい姿から、しばしば紋章のモチーフにも採り入れられました。ちなみに紋章学では「敵意」を表すともされています。



●亜種・別名など
ワイヴァーン

ワームWorm

●イングランドのドラゴン
ワームはイングランドのドラゴンの名前です。
その名は中世ノルウェー語で「蛇」ないし「ドラゴン」を意味する言葉から来ているとも言われますが、はっきりとは分かっていません。
主にヴァイキングが住んでいたイギリス北部・東部地方でその実在が信じられました。

その名前からも想像できるように、ドラゴンとは言っても、無翼、無肢の蛇のような身体をしています。
時に角を持っていたり、目や牙が突き出ていたりするものもあるようです。
口からは炎や悪臭を放ち、身体を斬られてもすぐに元通りになる性質を持っています。あるいは、槍をも受け付けない硬い鱗に覆われているという説もあります。


●邪悪なドラゴン
ワームの性質は邪悪で、常に悪意を持っています。
驚くべきスピードで動くことができますが、他のドラゴンにあるような超自然的な力はほとんどありません。英雄にいともあっさりに退治されるのは、たいていこのワームです。

普段は悪臭を放つ沼地やじめじめした湿地に棲み、通りがかる者を襲って呑み込もうとします。また、湖や川、海へ棲む者もあるようです。


●ラムトンのワーム
ワーム伝説の中で有名なのは、「ラムトン(ランプトン)のワーム」と呼ばれるものでしょう。

ある日、ラムトンという若い郷士が、川で釣りをしていたところ、小さく奇妙で、手も足もない、不思議な虫のものを捕まえました。
「何だこれは?」と思いましたが、大したもののように思えません。若者は無造作に、その辺の井戸へ投げ捨てました。

やがて若者は成長し、十字軍遠征に参加します。戦い終えて故郷に帰って見たものは、あの奇妙な虫がワームとなって巨大化し、周辺の村々や家畜を襲い、暴れ回っている姿でした。
「これは放っておけない」と、ラムトンはワーム退治を決意します。

いざ剣を構えてワームに斬りつけますが、そのそばから、ワームの傷がみるみるうちに治ってゆきます。
これは一筋縄ではいかない、と悟ったラムトンは、魔女の助言から、はりねずみのような刃をつけた鎖かたびらを作らせます。そして、それを着てワームの棲む川へと向かいます。

角笛を吹くと、ワームはすぐさま襲ってきました。そして、若者をその身体で縛り上げようとします。
ところが、全身につけられた刃によって、ワームの身体は逆に切り刻まれてしまいました。やがてワームは自己修復能力を発揮することができず、死んでしまいます。



●亜種・別名など
ウィーウイルメック/ワルム/オルム/キチ・アトハシス/ストールワーム/ペイスト/ミズガルズオルム/ラムトンのワーム/リンドオルム/リントンのウォード・ワーム/レイドリー・ワーム/ローズリー・ワーム

ウィル・オー・ザ・ウィスプWill o' the wisp

●妖精の炎
明かり一つない夜、外を見つめていると、しばしば不思議な光が見えることがあります。まるで生きているかのようにゆらりゆらりと漂うと思えば、ふっと突然消えたり、あるいは突然別の場所に瞬間移動していたりします。

こうした現象は世界中で広く目撃されているもので、日本では「鬼火」「狐火」、ヨーロッパでは「ウィル・オー・ザ・ウィスプ」「イグニス・ファトゥス」などと呼ばれました。

その実態は、ご存知の方も多いように、地中から噴き出してきたメタンやリンなどの腐敗ガスに引火したもの、あるいは球電と言う稲妻の一種に過ぎないのですが、昔の人々はそれを「妖精(妖怪)が自分たちを化かそうとしているのに違いない!」と考えました。

「イグニス・ファトゥスIgnis Fatuus(愚かな火、愚者火)」や「狐火」といった名前はそんなところから来るものですが、墓場などでもよく目撃されることから、死者の魂が拠りどころを求めて彷徨っているとする考え方も結構根強く残っています。


●戒めの火
この不思議な火はしばしば戒めを持って私たちの前に表れます。
その戒めとは、目の前に出てきても、それを「絶対に」追いかけてはならないということ。追いかけたら最後、底なし沼か崖まで誘い込まれ、二度と戻ることはできません。

実際、夜に突然見える灯は危険のシグナルであることが多いのです。異邦人や盗賊たちが入り込んで暮らしていたり、底なし沼のメタンガスに引火していたり、山火事の発生の前兆であったり……。

死者の霊が冥府の口を開けている場合もあるので、いずれにしても迂闊に近づくと大変な目に遭います。


●鍛冶屋のウィルの伝説
それにしても、ウィル・オー・ザ・ウィスプWill o' the wispとはなかなかけったいな名前ではありますが、これは「種火のウィル」を意味します。なぜ不思議な火がウィルの種火なのか、それについては次のような話が残っています。

むかしむかし、あるところに鍛冶屋のウィルという男がいました。
彼は口は上手いが素行が非常に悪く、トラブルを起こして恥じ入るところがありません。そして、ある時それが原因で人と喧嘩をして、ついに殺されてしまいます。

死んだウィルは一旦「死者の門」まで辿り着き、聖ペトロの前に引き出されました。
この人物は死者の言い分を聞いて、天国に相応しいかそれとも地獄へ行くべきかを裁定する役割を持っています。
ウィルはここで持ち前の調子良さを発揮して、まんまとこの聖者を言いくるめ、何と生き返ることに成功してしまいます。

しかし、せっかく生き返ったのに、その性格は全く治らなかったので、二度目の死を迎えたとき、聖ペトロはやれやれと言った感じで言い放ちます。

「お前はせっかく生き返らせたのに、ちっとも良い行いをしなかったではないか。お前のような奴は地獄に入れるのすらもったいない。天国でも地獄でもない世界にとどまり続けるが良い!」

かくて、死者の門は目の前で閉ざされます。ウィルは後悔しましたが後のまつり。天国でも地獄でもない「煉獄(れんごく)」を彷徨うことを運命づけられます。

悄然として、とぼとぼと歩くウィルの姿を見て、さしもの悪魔も同情し、地獄の劫火の中で燃えさかる石炭をひとつ取り出し、ウィルに明かりとして与えました。

ウィルはそれを持って、今も現世と冥府の間を彷徨い続けています。
現世にも現れることがありますが、死んでいるので身体は見えず、種火の光がぼんやりと見えるのみです。そして、懐かしそうにうろうろと彷徨った後、再び煉獄へと戻っていきます。

こうした話から、夜中に不思議な光が見えるのを、哀れなウィルの姿になぞらえて「種火のウィル」、すなわち「ウィル・オー・ザ・ウィスプWill o' the wisp」と呼ぶようになったと言います。


●ウィル・オー・ザ・ウィスプのバリエーション
この不思議な光は、異名が他の怪物に較べ非常に多いことでも知られます。

さきに挙げた「ウィル・オー・ザ・ウィスプ」「イグニス・ファトゥスIgnis Fatuus」の他に、ウィル・ウィズ・ザ・ウィスプWill with the Wisp(種火を持ったウィル)、ジャック・オー・ランタンJack o' lantern(ジャックの角燈)、ヒンキー・パンクHinky-Punk(妖精の付け火)、ピンケットPinket(妖精のようなもの)、エルフ・ファイアーElf fire(妖精火)、ジル・バーント・テイルGyl burned tail(火付き尻尾のジル)など。
日本でも「人魂(ひとだま)」の他に「鬼火」「狐火」「不知火(しらぬい)」などの呼び名があります。

これは、この不思議な火が、いかに人々の間で「一般的な」存在として認知されてきたかというものを示しており、いかに多くの人々の中で語り継がれてきたかを表わすものでもあります。



●亜種・別名など
人魂(ひとだま)/鬼火/狐火/狐火/不知火(しらぬい)/セントエルモス・ファイアー(セントエルモの火)/イグニス・ファトゥス(愚かな火)/ウィル・オー・ウィスプ(種火のウィル)/ウィル・ウィズ・ザ・ウィスプ(同)/ウィリー・アンド・ザ・ウィスプ(同)/ウィル・オー・ザ・ワイクス(同)/ウィリー・ウィスプ(種火のウィリー)/ジャック・オー・ザ・ランタン(ジャックの角燈)/ジャッキー・ランタン(同)/ジャック・ア・ランタン(同)/エサスダン(エルフ)/ヒンキー・パンク(妖精の付け火)/ジル・バーント・テール(火付き尻尾のジル)/キット・ウィズ・ザ・キャンドルスティック(蝋燭立てのキット)/ペグ・ザ・ランタン(ペギーの角燈)

ワイルド・マンWild Man

●中世ヨーロッパの「野蛮人」
ワイルド・マンはフランスの中世伝承に登場する「野蛮人」の名前です。
その名の通り、自然の中に生き、手には「野生」の象徴である棍棒を持ち、全身は毛むくじゃらです。

フランス語ではオム・ソバージュHomme sauvage、イタリア語ではウォーモ・セルバティコUomo selvatico、ドイツ語ではヴィルダー・マンWilder Mannと呼ばれますが、意味は「野生の人びと」で共通しています。

とある伝承によれば、深い森の中に棲み、人語を解さず、毛深く、怪力を持つとされています。
一説には、アジア・アフリカに棲む類人猿の存在が曲解されてヨーロッパに伝わったものだと言われていますが、キリスト教外の人びとを象徴するものだとする研究者もいるようです。

ワイルド・マンの存在は中世を通じて人びとの人口に膾炙(かいしゃ)し、宮廷ではワイルド・マンの格好をした人間が参加者を驚かす趣向が凝らされました。
さらに、ドイツやスイスなどでは、祭の仮装行列の中にワイルド・マンの格好をした人間がまぎれ込むことがあり、今でもバーゼルの祭などでは、行列の中にワイルド・マンの存在を認めることができます。

中世の紋章や寓意図にもワイルド・マンは登場し、特に盾を支えるワイルド・マンの紋章は「友軍」の象徴として認識されていたようです。



●亜種・別名など
オム・ソバージュ/ウォーモ・セルバティコ/ヴィルダー・マン

ワイトWight

●魂魄(こんぱく)の怪物
ワイトを一口で言えば、死体に乗り移る悪霊です。金色に光る魂魄(こんぱく)の姿で現れ、死体に乗り移ってはそれを動かします。そして、通りがかる者を襲い、その精気を吸い取ります。

吸い取られた者は卒倒し、ひどい時には死んでしまうこともあると言います。なお、ワイトに乗り移られた者は身体の周りがぼうっと黄色く光るという特徴があります。

もともとこの怪物は、民間伝承に基づくものではなく、J・R・R・トールキンの「ロード・オブ・ザ・リング(指輪物語)」に出てくるもので、名前を「塚人(バロー・ワイツBarrow Wights)」と言うのですが、なぜか上半分が省略され、単に「ワイトWight」と呼ばれるようになりました。


●塚人(バロウ・ワイト)たち
塚人は、ホビット庄の南、古墳山に棲む怪物です。古墳山は人間の王が葬られた神聖な場所だったのですが、そこに、魔王の王国アングマールから拷問を受けた恐ろしい悪霊どもが大挙してやって来て、太陽の光を避けるためにちょうどそこにあった王の死体に入り込みました。
そして、死体は旅人を襲う恐ろしい怪物になったのです。

塚人は意志をくだく暗黒の存在であり、どんな姿にもかたちを変えることができます。冷たく光る目をしており、その声は身の毛がよだつほど恐ろしい響きをそなえ、同時に相手を眠らせる効果があります。

この塚人に捕らえられたら一巻の終わり。墓の下に連れられて、祭壇に寝かせられ、いけにえの剣を身体に突き立てられ、殺されてしまうのです。しかし、太陽の光に弱く、ひとたび彼らの頭上に光が差せば、叫び声とともに消えてしまいます。

ホビットのフロド一行も危うく古墳山を通りかかったとき、この塚人に拉致されかけたのですが、持ち前の勇気で何とか辛くも脱出しています。


●ワイトと妖精
ワイトと言う言葉は古代ドイツ語の「人」を意味するウィヒトWichtに由来するもので、それ自体に「不思議な住人」「精霊」と言うニュアンスがあります。日本語で言えば「山男」みたいなものでしょうか。
山男にも、単なる登山者や山で暮らす人という意味のほかに、人間ではない山の精霊と言った響きがあります。

14世紀には妖精を差す言葉としてしばしば引用されたようで、中世の代表的な物語集「カンタベリー物語」にも、「あなたをエルフやワイトから守ってあげる」という言葉が残っています。



●亜種・別名など
ウィヒト/ウンセーレー・ウィヒト/バロウ・ワイト(塚人)

«ワーウルフWerewolf/ライカンスロープLycanthropy