« オークOrc/Ork | トップページ | コボルド(コボルト)Kobold »

2013年12月28日 (土)

ゴブリンGoblin

●イタズラ好きの妖精
ゴブリンはヨーロッパの伝承に登場するイタズラ好きの妖精です。フランス語ではゴブラン、ドイツ語ではコボルト(コボルド)という名前になり、日本語では「小鬼」「天の邪鬼(あまのじゃく)」の訳語が与えられます。

妖精、と言ってもフェアリーのような愛らしい妖精ではありません。
外見は醜悪で、性格は邪悪かつ姑息。貪欲この上なく、どんなに欲しいものを手に入れても満ち足りる、と言うことを知りません。当然のことながら、多くの場合は主役ではなく敵役、しかもすぐにやっつけられるザコ役として登場します。


●ゴブリンの由来
ゴブリンという呼称の由来については、「飲む人」を意味する古語に由来するという説もありますが(ガーゴイル参照)、一般にはギリシア語の「子供」を意味するコバロスKobalosから来ると解されています。このことからも分かるように、本来彼らは子供のような「イタズラもするけど悪さもする」ような愛嬌のある存在を差しておりました。

しかし、時代の変化とともに、彼らは徐々に悪い悪い存在へと貶められます。
もともと人間の悪い面を集めたような存在だったから、ということもありますが、それ以上にキリスト教のフォークロア(民間伝承)追放運動が影響しているように思われます。
一神教を標榜(ひょうぼう)するキリスト教にとって、多神教の雰囲気を色濃く残した妖精の存在は、かなり都合の悪いものでありました。ゴブリンだけでなく、トロールも、コボルド(コボルト)も、エルフも、ドワーフも、この運動によりみな一旦は悪魔や悪鬼のような存在に堕とされましたが、より人々の広い支持を集めていたゴブリン、ホブゴブリンといった連中は特にひどい扱いを受けました。


●悪いゴブリンたち
時代が下がるとともに、ゴブリンの悪辣さと傲慢さはますますその度合いを増します。民話や伝承を見ても、昔は「人間と対決しよう」「人間と知恵較べしてみよう」なんて気概のある連中がチラホラ見かけられたものですが、近世に入るとそんな前向きな姿勢もどこへやら、身も心もすっかり堕落して、完璧な「悪役」への道を邁進し始めます。

大人たちはいつまで経っても寝ようとしない子供たちに「ぐずぐずしていると悪いゴブリンがやって来るよ!」なんて怒り方をしましたし、子供たちはそんなゴブリンたちを本気で恐れました。この辺り、死者の意味だった「鬼」が、単なる剛力のバケモノに変わっていったのとよく似ています。

SF映画の金字塔として名高いスティーブン・スピルバーグ監督の「E・T」でも、宇宙人に初めて出遭った少年はまず「ゴブリン!」という叫び声を挙げておりました。「バケモノ!」というニュアンスでしょうか。


●物語のゴブリン
ジョージ・マクドナルドの作品に登場するゴブリンは、地下に棲み、人間へ強い恨みを持っています。思い出したように地上に這い出しては悪さをしますが、美しい歌声に弱く、聞くと耳を塞いで一目散に逃げ出します。下手くそ!と思っているからではありません。歌声に強いコンプレックスを持っているからです。

彼らはその姿に似合わず、歌というものをこよなく愛しています。いつか自分たちもあのような歌声を……と思っています。
しかし悲しいかな、彼らの声帯はガラガラ声しか出すことができません。ゆえに、人間が美しい旋律を奏でると、いたたまれなくなって逃げ出してしまうのです。

ゲームや小説に登場するゴブリンは、怖い怖いと言われていた近世・近代のスタイルをほぼそのまま踏襲しています。「敵役」としてこれほど分かりやすい存在もないからでしょうか。
特殊能力として「毒」と「暗視能力」を持っているとする作品も少なくありません。毒はその不潔な外見からの、「暗視能力」は暗がりに好んで棲むことからの連想だと思われます。

ところで、ゲームなどの中にはホブゴブリンをゴブリンの上位種として位置づけるものも多いと言います。ただ、ホブゴブリンとは「人間っぽいゴブリン」「善良なゴブリン」を意味するものであり、「悪い妖精」であるゴブリンとは本来一線を画すべき存在です。



●亜種・別名など
ブルー・キャップ/レッド・キャップ/コブラナイ/コボルド/プッカ/ゴブラン/ゴブリン・ロード(ゴブリン貴族)/ゴブリン・シャーマン(魔法ゴブリン)

« オークOrc/Ork | トップページ | コボルド(コボルト)Kobold »

妖精一般」カテゴリの記事