« エルフElf | トップページ | オークOrc/Ork »

2013年12月28日 (土)

オーガーOgre

●ヨーロッパの「鬼」
オーガーはヨーロッパの「鬼」に当たる存在です。
角も生やさず、トラ縞の服も身につけませんが、巨大な身体を持ち、その力は並はずれています。恐らく人間の骨など、素手の一発で叩き折ってしまうでしょう。

頭は決して良いとは言えませんが、変身などの魔法を使うこともあり、一筋縄では行きません。よほどの知恵者でない限り、その魂胆を見抜かれ、規格外の腕力で簡単にあしらわれてしまうのがオチです。


●知恵と努力の象徴
ヨーロッパに限らず、中世の民話には「鬼」や「巨人」と対決する話が数多く存在します。
そのほとんどは、弱い者(人間)が知恵と機転を働かせ、努力を尽くし、やがて鬼や巨人を退治する(または彼らの目を盗み、見事目的を達成する)という内容です。そこには、力がなくても人間が一致団結し、頭を働かせていれば、どんなことでもなしえるという強いメッセージが込められています。

シャルル・ペローの有名な童話「長靴をはいた猫(ねこ先生)」は、知恵のある猫が主人のために活躍する話ですが、その中に金持ちが人食い鬼(オーガー)をだまくらかす場面が出てきます。

猫は言います。「でもわたしにはどうも信じられないのですが、あなたは一番小さい動物の姿にもなる能力をお持ちとか。例えば、ねずみとか、二十日ねずみに変身する。正直に申して、そんなことは全く不可能に思われますが」
人食い鬼は当然その言葉に腹を立て、「これでどうだ!」と言わんばかりにネズミへ変身します。しかし、猫はその瞬間を逃さず、ぱくりと食いついて、人食い鬼を退治することに成功します。


●オーガーのルーツ
オーガーの呼称は、この「長靴をはいた猫」で人食い鬼につけられた「オーグルOgre」という名前が元になっています。オーガーはその英語読みです。
このオーガーは通常種族名か男性のみを差し、女性を特に呼ぶ場合は「オーグレスOgress」という呼称を用います。

オーグルという呼称そのものについては、北欧神話の主神オーディンの異名ユッグから来ているとも、ローマ神話の地下神オルクスの名から来ているとも言われますが、一般には遊牧民族オノグル族の名前から来ているという説が有力です。

オノグル族は東欧や中央アジアを荒らし回った種族で、マジャール族(フン族)とも密接な関係があります。
勇猛果敢な戦い方と残虐な性格で知られ、各地を蹂躙したので、住民たちが彼らを「鬼のような連中だ」と思ったのは当然と言えましょう。
そこから、オノグルという名前自体に「恐ろしい連中」「鬼」という意味が付加され、転じてオーグル、オーガーなどの言葉になったのではないかと考えられます。


●日本におけるオーガー
オーガーは現在の作品に多く登場しています。ジャイアント(巨人)やサイクロプス(一つ目の巨人)タイプも含めると、恐らくこの怪物が出ていないゲームはないのではないかと思われるほどです。
昔話に出る「鬼」と共通するところが多かったり、「でかくて強くて怖そうで」という比較的想像しやすいイメージだったりするなど、結構イメージ的に身近な存在であるところが、その「人気」の秘訣かも知れません。

一部の作品には、中世の伝承にあるような魔法を使うオーガー、高邁な精神を持つオーガーなども登場しますが、ただ、あくまでも一部の作品にとどまっていると言うのが実情です。



●亜種・別名など
鬼/オーグル/オグレ/オーグレス(女性形)/オーガー・ロード(貴族オーガー)

« エルフElf | トップページ | オークOrc/Ork »

妖精一般」カテゴリの記事