« フェアリーFairy | トップページ | ホビットHobbit »

2014年1月30日 (木)

ブラウニーBrownie

●ケルトの家付き妖精
ブラウニーは中世のケルト(ヨーロッパ北西部)、特にスコットランドやコーンウォール地方(イギリス中西部)にて信じられた妖精の名前です。
各家庭に必ずひとりはいるとされ、性格はきわめて温厚かつ忠実。部屋の中を散らかすようなイタズラもするのですが、ゴブリンやホブゴブリンほどの狼藉は働かず、もっぱら人間の手伝いをして過ごします。

「手伝い」と言ってもまったくのボランティアではなく、ミルクをカップに1杯とか、クリームをお椀に一盛りくらいの報酬を用意する必要があります。
しかも毎日用意しなければならず、もしうっかり忘れると家族の身体をアザになるほど強くつねられるか、またはボガート(悪い妖魔)に変身して家の中を徹底的に荒らし回ります。

彼らの名前にはしばしば虫を払う力があり、特に蜂の被害に遭ったときは「ブラウニー!ブラウニー!」と叫ぶと、目には見えませんがどこからともなくこの妖精が現れて、虫をどこかへ追いやってもらえると言います。


●シャイな小妖精
彼らは手伝い好きなわりに、かなりシャイな性格をしていて、自分の仕事へ口出しされたり手出しされることをひどく嫌います。
あまりに構い過ぎると家を飛び出し、永遠に戻ってきません。さらに、姿を見られるのもあまり好まず、彼らを見ることが許されるのは子供か正直者だけだと言います。それ以外の者が姿を覗こうとしても、巧みに物陰へ隠れてしまいます。

ちなみに、ブラウニーを「実際に見た」という人の話では、この妖精は非常に小さくてくるぶしほどの大きさしかなく、裸かボロボロの古着に身を包んでいると言います、
なぜか頭のてっぺんから足の先まで茶色でコーディネートされており、そこから「ブラウニーBrownie(茶色さん)」という名前がつけられました。

茶色の服を好む理由は分かりませんが、単にその色が好きだという説と、全身が茶色の巻毛で覆われているから、という説の二つがあります。
個人的にはそれに「ドブネズミや野ウサギを妖精と見間違えたと言う説を加えたいところです。


●人に憑くブラウニー、家に憑くブラウニー
彼らは原則としてその土地、その家に憑く存在ですが、気に入れば人間にも憑きます。その人間が引っ越せば、荷物に紛れて転居先にまでついてゆくこともしばしばです。

とあるところに、ブラウニーのイタズラに悩まされていた住民がおりました。彼はある日とうとう引越を決意します。すぐさま引っ越し先を決め、荷造りをし始めます。挨拶も済んで、さあ後は荷物を運ぶだけだ……という段階まで来ました。
その時ふと「アイツ」はどこにいるのだろう、という不安がよぎりました。「アイツ」とは、むろん住民を悩ませていたブラウニーのことです。もしや、という気持ちに襲われて、住民は彼の名をそっと呼んでみました。
すると、荷物の中から「ハーイ」という返事が。
「ああ、やっぱり」
住民は途端に馬鹿らしくなって、急遽引越を取りやめたという次第。こういう話が成り立つのも、ブラウニーが人間に取り憑くことがあってこそです。

ちなみに、気に入った人間が亡くなると、多くの場合家からいなくなりますが、まれに身を持ち崩してボギーやボガート(どちらも怖い妖魔)に変ずる場合があるようです。


●ブラウニーのタブー
ブラウニーへのタブーは、贈り物を手渡しすること、そして服を贈ることです。特に後者はなるべくならば避けた方が無難です。なぜなら、材質が上等すぎると自慢しに妖精界へ帰ってしまいますし、かと言って粗末すぎても、やはりヘソを曲げて姿を消します。

別の説では、ブラウニーは人間から贈り物をされるまで働き続けることを宿命づけられているので、プレゼントを貰った瞬間にあらゆるくびきから解放され、妖精界に帰って行くのだそうです。


●ブラウニーと先住民族
ブラウニーを含む妖精の話は民俗学的に見ると、征服民と被征服民の関係を読み取ることができると言います。
征服前の原住民の文化や習俗、考え方や外見が、そのまま新たな部族の中に取り込まれ、妖精という形に昇華されてゆくのだそうです。このように、移住者によって妖精化された部族の例として、ケルトの先住民族フォモール族やダナーン族、アイヌのコロポックルの名が挙げられます。
ブラウニーもその「妖精化された先住民族」のイメージをやや含んでいます。

名前の由来となった茶色い服は彼らの伝統衣装であり、いくばくかの報酬と引き替えに簡単な仕事を手伝うというのは、部族の中でわりあい穏健・従順な連中が積極的に征服民のアルバイトに精を出したということを示しています。

服を贈ると怒って出て行ってしまうというのは、彼らが自分たちの服装(=文化)を何よりも大切にしているという証左であり、束縛や口出しを拒むというのは、交流レベルを最小限に止め、征服民と同化することを拒絶する、という意味合いがあります。



●亜種・別名など
プーカ/プカ/ワグ・アット・ザ・ワ/ブバホッド/ボダッハ/ボダーハ/フォノゼリー/ラバード・フィーンド/ウリシュク/メグ・ムラッハ/コウイ/シルキー/ピクシー/ホブゴブリン

« フェアリーFairy | トップページ | ホビットHobbit »

妖精一般」カテゴリの記事