« トロールTroll | トップページ | ニンフNymph »

2014年1月30日 (木)

ドワーフDwarf

●北欧の小人たち
ドワーフはドイツや北欧の伝承に登場する小人です。
同じ北欧系のエルフと対で語られることが多く、その歴史はきわめて古いとされています。いろんな物語に登場しており、グリム童話の「白雪姫」に出てくる「七人の小人」もドワーフです。

一般に「妖精」というくくりで語られることが多いですが、そのイメージは地に足をつけ、額に汗して働くガリンペイロ(鉱夫)そのものであり、妖精界に棲む浮世離れした「フェアリー」の姿とは一線を画します。

ドワーフの名前がどこから来ているのかは、あまりよく分かっていません。
チュートン語(古代ノルウェー語)の「蜘蛛(くも)」を意味するドゥヴェルグDuerg、ドイツ語の「小人」を意味するツヴェルクZwergなどが由来と考えておりますが、いずれも決定打に欠けるというのが実情です。
一部には、チュートン語の「暗いエルフ(妖精)」を意味する「デック・アールヴァー」から来ているとする説もありますけれど、これはちょっとうがちすぎの感があります。


●ドワーフのイメージ
彼らの多くは、地下や坑道を住処とし、鉱石などを掘りながらつつましく暮らしています。性格的にはおおむね頑固で気難しいのですが、根は優しく義に篤く、意気に感ずれば積極的に手助けを行います。

武骨な外見とは裏腹に手先はきわめて器用で、特に宝石や金銀の細工を得意とします。
大酒飲み・大食漢であり、歌や踊りもたしなみます。背丈は子供ほどしかありませんが、体格はがっちりしていて、「子供」と言うよりは上下に圧縮した大人のような印象を受けます。男性には立派なヒゲが生えていて、常に手入れを欠かしません。

以前は「女性にもヒゲが生えている」とする作品が多かったのですけど、さすがにジェンダー(性差)的にマズイと思われたのか、現在はヒゲの生えていないものが主流のようです。


●神話・伝承に見るドワーフ像
ドワーフの存在は北欧神話に見ることもできます。主神オーディンが巨人ユミルを倒したとき、そのウジが変身してドワーフになったと言います。

彼らはやがて鍛冶となり、神々の道具を作る栄誉を担いました。トールの武器である魔槌ミョルニル(通称トール・ハンマー)、オーディンの武器である魔槍グングニル、9晩に同じ性質の腕輪8個をしたたり落とす黄金の腕輪ドラウブニル、英雄ジークフリードを結果として死に追いやったアンドヴァリの指輪(通称ニーベルンクの指輪)などなど、彼らの手になる武器道具は多くにのぼります。

中世ヨーロッパの伝承では、彼らは「静かな人」と呼ばれ、泉や井戸、岩の割れ目などに棲むとされました。彼らの特徴は、岩から生まれ、性差を持たず、男女ともに同じ姿をしているということ。「女性にもヒゲが生えている」という発想はその辺りから来ています。

ただ、この時代までは意外にも、「善人」より「悪役」としての役割がむしろ多かったようです。つまり、この小人はゴブリンとどっこいどっこいの存在だったのです。
民話の中にも「悪いドワーフをやっつけろ!」という話がいくつも出てきます。「白雪姫」の善良な小人像は、この時代のものとしてはあくまでも例外中の例外なのです。

それが一転したのは、J・R・R・トールキンが「ロード・オブ・ザ・リング(指輪物語)」を著してから。気難しいけど義理堅いギムリおやじの姿は、その設定を受けた「ダンジョンズ・アンド・ドラゴンズ(D&D)」「ソード・ワールド」などのゲームなどを通じて、人々に「ドワーフ=善人」のイメージを植え付けました。


●ドワーフと虫
ドワーフという呼称には、しばしば「地に棲む小さな者」転じて「標準より小さな動植物」のイメージがあります。
日本で「コ(小)~」「ヒメ~」などの接頭語のつくものは、英語圏では「ドワーフDwarf~」という呼称で呼ばれることが多いのです。例えば、盆栽などに使われる小型の松はドワーフ・パインDwarf Pineなどと呼ばれます。体格が一般人よりも小さくなる病気「小人症(しょうじんしょう)」も、やはり英語ではドワーフィズムDwarfismです。



●亜種・別名など
ドゥウェルガル/ドゥウェルグ/ドゥウォーフ/ノーム/ウムリ(ハーフ・ドワーフ)

« トロールTroll | トップページ | ニンフNymph »

妖精一般」カテゴリの記事