« ホブゴブリンHobgoblin | トップページ | 油ずましAbura-Zumashi »

2014年1月30日 (木)

レプラコーン(レプラホーン)Lepracaun/Leprachaun

●妖精の靴屋
レプラコーン(レプラホーン)はアイルランドの民話・伝承に登場する妖精の名前です。身体は小さくせいぜい1フィート半(約45センチ)程度。赤い帽子と服を着た老人の姿で現れます。

彼らは「妖精の靴屋」と呼ばれることがあるように、しばしば仲間のための靴を作ります。家の中、真夜中に、誰もいないところで何かを叩く音がすれば、それはレプラコーンがカナヅチを振るい、靴を作っている音だとされました。

この妖精はアイルランドではかなり一般的な存在で、彼らの名は妖精そのものを差す言葉としても使われます。
ノーベル賞を受賞した北欧を代表する詩人W・B・イェイツは、レプラコーンを「妖精のいくつかある側面の一つ」と述べています。地方によって違った名前を持つのもこの妖精の特徴で、「ラバーキン」「ラヴロガーン」「ラクリマン」「ルーラコーン」などと呼ばれる場合もあるようです。


●彼らが靴を作る理由
彼らはなぜか靴を片足分しか作りません。レプラコーンという名前も「片足の粗い革靴」を意味する古語レ・ブローグLeith brogから来ています。

なぜ片足分なのかについては、身体が小さいいのでどんなに頑張っても一晩に靴を片方しか作れないから。あるいは、時間をかけて作っているだけで、数日かければきちんと両方揃う……などなど、いろんな理由付けがなされています。
作るものが家具でもなく食器でもなく、靴であるのは、妖精は踊り好きなのですぐに靴底をすり減らしてしまうからであり、レプラコーンはそんな仲間のために、毎日せっせと靴を作り続けているというわけです。

実際のところは、妖精のような小さな者たちが、人間に見つからずに作れそうなものを考えたとき、構造が比較的簡単で材料も得やすく、しかも組み立てる際に大きな音を立てない靴が選ばれたのではないでしょうか。


●レプラコーンの財宝
レプラコーンは妖精の中でもとびきりの働き者です。長年かかって貯め込んだ財産は厖大な量になると言われており、ゆえにレプラコーンからその隠し場所を聞き出すことができれば、そのすべてを手中にすることができます。

しかし、彼らは隠れ上手なので、レプラコーンを捕まえても決して彼らから目を離してはいけません。もし、少しでも顔をそむけようものなら、彼らは「水滴のように」手をすり抜けて、永遠に姿を消してしまいます。



●亜種・別名など
レラバーキン/ロハルマン/ラホルマン/ルーラコーン/ルーラガドーン/ラヴロガーン/レフロガーン/ラクリマン/クルーラーホーン/クルーラーコーン/ファージャルグ/ガンコナー

« ホブゴブリンHobgoblin | トップページ | 油ずましAbura-Zumashi »

妖精一般」カテゴリの記事