« ジャイアントGiant | トップページ | ドッペルゲンガーDoppelgänger »

2014年1月30日 (木)

スプリガンSpriggan

●妖精の攻撃部隊
スプリガンはケルト(ヨーロッパ北西部)、特にコーンウォール地方(イギリス西南部)で信じられた妖精の名前です。
「妖精」とは言うものの、姿は醜悪で性格は攻撃的、姿は小さいけれども巨人のようにも大きくなれるなど、おとなしい妖精たちが多い中で、彼らの姿はひときわ異彩を放ちます。
それもそのはず、彼らは守備側に立つことの多い妖精界の中でただ一つの「攻撃部隊(ガーディアン・スピリット)」なのです。


●スプリガンの起源
ケルト、とりわけコーンウォール地方みたいなところでスプリガンのような存在が考えられたのは、ストーンヘンジをはじめとする巨石文明のイメージによるものだと考えられています。
これらの遺跡は、今になってもなお、どのようにして造られたのか、謎であるとされています。考古学の研究が進んだ現在でさえ分からないわけですから、昔の人にとってはなおさらです。自然に、これらの遺跡を造った者は巨人であるという伝説が生まれました。

一説には、これらの巨人は、ブリトン人(大陸系ケルト人)に滅ぼされたフォモール人たちの幽霊であると言われています。彼らの肉体は滅びてなくなりましたが、その魂はいまなお故郷のコーンウォールの地にとどまり続け、財宝や遺跡を守り続けているのだそうです。

スプリガンという名前の起源はあまりよく分かっていませんが、英語で「幽霊」「魂」を意味するスピリットSpiritの関連語だと考えられています。


●スプリガンの伝承
伝承の中に登場する彼らはたいてい気難しく、醜い姿をしています。もしかすると、ゲルマンのドワーフのイメージが影響しているのかも知れません。

彼らは古代の財宝を守護し、それに手をつける者を絶対に許しません。時と場合によっては侵入者を死に至らしめることさえあります。その他に、妖精たちのボディガードとしても活躍し、仲間に危害を与えた者に対しては相応、あるいはそれ以上の罰を与えます。

危害を与えなくても、妖精から必要以上の報酬を得ようとする者にはやっぱり容赦しません。中世の伝承にも、スプリガンから財宝を奪おうとして縛り上げられたり、欲張った末にひどい苦しみを与えられた人々の話が伝わっています。

ちなみに、このような特別な用事のない時はどうしているかと言うと、たいてい普通の妖精たちのように、イタズラを仕掛けたり、人間たちにちょっかいを出したりして遊んでいるようです。中には、人間の子供を自分の子供と取り替えたり、田畑を荒らしたりすると言った悪質な連中もいるようです。


●日本におけるスプリガン人気
スプリガンは、日本においてもかなり知名度の高い存在です。その割に、ゲームや小説に登場することはあまりありません。恐らくは、ガーゴイルやゴーレムと言ったガーディアン的な存在が先に知られていて、登場させる方もそちらの方が使いやすかったからでありましょう。

彼らの知名度が高い理由は、少年誌に掲載された同名のアクション漫画の影響もあるでしょう。もともと人気はかなり高い作品でしたが、つい先年にも大友克洋の監督でアニメ映画化され、ちょっとした話題になりました。



●亜種・別名など

« ジャイアントGiant | トップページ | ドッペルゲンガーDoppelgänger »

妖精一般」カテゴリの記事