« アムドゥスキアスAmduscias | トップページ | アミーAmy »

2014年6月26日 (木)

アモンAmon

●地獄の公爵
アモン(アーモン)は地獄の公爵です。40個師団を率いる有力な悪魔であり、地獄の中でもトップクラスの戦闘力を持ちます。
恐らく、彼に真っ向から対抗できるのは、ルシファーやベルゼブブと言った一部の最高幹部ぐらいでしょう。口から炎を吐くので「炎の侯爵」と呼ばれる場合もあるようです。永井豪の漫画「デビルマン」で、主人公・不動明と合体したのもこのアモンでした。

もともとはエジプトの至高神アメンにルーツを持つ神であったと考えられています。本来は水神か風神みたいな性質を持つ神で、一時はギリシア神話の至高神ゼウスと同一視されたこともあるようですが、キリスト教の普及に従って再びゼウスと切り離されて考えられるようになり、中世には悪魔のカテゴリへ分類されるようになりました。


●地獄随一の「いい男」
彼は悪魔にしては珍しく、義侠心にあふれた心の持ち主です。
地獄で何か喧嘩が起これば、彼の出番です。姿を現すだけで、こじれていた関係も収拾へ向かうとされており、貫禄だけで言うなら随一です。

そもそも、悪魔となったきっかけそのものが、盟友ルシファーへの義理立てというのだから立派です。ルシファーが軍団を率いて天界に叛旗を翻したときに、義勇軍を率いて駆けつけたのがこのアモンでした。
奮闘むなしく、その後叛乱軍は鎮圧され、関係者はことごとく処分されるわけですが、アモンはそれを恨みに思うことなく、ルシファーに付き従ってその後もずっと行動をともにしています。

このような人物なので、地獄での地位は決して高くはありませんが、地獄内での人気は並みの悪魔を遙かに凌ぎます。
もちろん、高級幹部も彼には全幅の信頼を置いています。王宮の近衛騎士団(三銃士)みたいなものを思い浮かべると分かりやすいかも知れません。

さらに、彼は強いだけでなく、詩の才能も飛び抜けています。
賢王ソロモンに呼び出されたときにも、その御前で詩を披露し、居並ぶ諸侯をうならせていました。この時の詩は今も旧約聖書の「詩編」に収録されているそうです。


●アモンの外見
アモンの外見については諸説あってはっきりしていません。
オオカミである、いやフクロウだ、いやいや、オオガラスみたいな形の悪魔だ……と学者によって提唱する姿が違います。悪魔のイラストを多く載せていることで有名なコラン・ド・プランシーの「地獄の辞典」では、フクロウの頭とサルの胴体、蛇の尻尾というヌエのような姿で描かれます。
なぜかクチバシの中には犬歯が覗き、そこから炎を吐き出すこともあります。

このアモンをモデルにした「デビルマン」も、フクロウとは似つかない格好をしていますが、何となく「炎」をイメージさせるような姿ではあります。
漫画のクライマックスでは全身から炎を噴き出して、狂った人間たちを焼き尽くしました。

ちなみに、彼が人間に変身するときは、フクロウの頭と蛇の尻尾はそのままに、胴体手足だけが人間の形になると言います。

« アムドゥスキアスAmduscias | トップページ | アミーAmy »

悪魔」カテゴリの記事