« アンドロマリウスAndromalius | トップページ | アプロディテAphrodite »

2014年7月 2日 (水)

アンタイオスAntaios

●山賊の巨人
アンタイオスは大地の女神ガイアと海神ポセイドンの子で、巨人でした。
その名前は「向かい合う」を意味するギリシア語に由来します。

彼には特殊能力がありました。母なる大地に地をつけている限り、その力は無限に復活するのです。

彼はリビア(現在の北アフリカ)に棲み、そこを通る者に格闘(レスリング)をふっかけては、打ち倒して殺し、その戦利品(一説には髑髏〈どくろ〉とも言われる)で父ポセイドンの神殿を飾っていました。

そこへやって来たのが、ヘスペリスの林檎(一説にはゲリュオネウスの牛)を求めにやってきたヘラクレス。
さしもの怪力の彼も、無限に復活する力に苦戦します。しかし、大地に地をつけなければ力が復活しないことに気づいたヘラクレスは、彼を大地から引き離し、ベア・ハッグで絞め殺します。

この場面はしばしば中世以降の彫刻や絵画のモチーフになりました。

« アンドロマリウスAndromalius | トップページ | アプロディテAphrodite »

ギリシア神話一般」カテゴリの記事