« 黙示録の怪物Apocalypse Beast | トップページ | アラクネArachne »

2014年7月 2日 (水)

アポロンApollon

●ギリシア神話の太陽神
アポロンはギリシア神話の神で、オリュンポス12神のひとりに数えられる、有力な神です。
ローマ神話ではアポロに当たります。ゼウスとレトの間に生まれ、アルテミスとは双子の兄妹の関係にあります。

音楽、医術、弓術、予言、家畜をつかさどり、また、「フォイボス(光り輝く者)」と呼ばれることから、太陽神ヘリオスと同一視する向きもあります。

彼の持ち物は弓、箙(えびら)、羊飼いの持つ曲がった杖、竪琴で、使いの動物は白鳥、ハゲタカ、カラス、雄鶏、鷹、セミ、狼、ヘビと多岐にわたっています。お気に入りの植物は月桂樹、シュロ、オリーブ、御柳(ぎょりゅう)です。

もともとは小アジアまたは北欧の神であったと言われていますが、ギリシア神話の伝播とともに、ゼウスの子として神話体系に組み込まれていったと考えられています。


●予言の神
彼は古い時代から、各地に神託所を持っていました。小アジアのテュムブレ、クラロス、グリュニオン、ディデュマ(いずれもエーゲ海沿いの町)、ギリシアのデルフォイに早い段階で神託所が作られ、人びとは神託を受けるべく、それらの町を訪れました。
とりわけデルフォイは、「デルフォイの神託」という言葉にもあるように、アポロンの聖地の中でもひときわ有名な場所として、高い人気を博しました。


●アポロンの生い立ち
アポロンは、母親レトが女神ヘラの迫害を避けて、デロス島に降り立った時に生まれたとされています。そして、生まれてまもなく、白鳥に連れられてヒュペルボレオス人(極北人)の棲む場所に連れてゆかれ、1年間をそこで過ごします。

成人すると、彼は神託を行う場所を求めて各地を彷徨(さまよ)い、ガイアの神託所であるデルフォイにやって来ます。そこで、彼は門番をつかさどっていた大蛇のピュトンを強弓で倒し、自分の神託所としてこの場所を支配するに至ります。


●ギリシア神話の美形神
彼は「光り輝く者」の異名の通り、理想的な美をそなえた凛々しい男神として描かれました。そのため、ゼウスほどではありませんが、彼には恋の物語がいくつも残っています。
ダプネ、キュレネ、コロニス、マルペッサ、カッサンドラなど、彼の相手はニンフ(妖精)から人間の娘まで多岐に渡っています。ちなみに、恋愛の相手は女性ばかりでなく、男性の場合もありました。

ただ、ゼウスの場合と違うのは、彼の恋はことごとく悲恋に終わったということです。

ダプネはアポロンに追いかけられたあげくに月桂樹に変えられましたし、コロニスは不貞を破ったということで、その夫イスキュスとともにアポロンに殺されています。
カッサンドラの場合は、予言の力をいいことに、アポロンの意のままに従うという約束を守らなかったため、人を信じさせる力を奪われています。



●亜種・別名など
アポロ/アポローン

« 黙示録の怪物Apocalypse Beast | トップページ | アラクネArachne »

ギリシア神話の神々」カテゴリの記事