« アレスAres | トップページ | アルテミスArtemis »

2014年7月 2日 (水)

アルゴスArgos

●百目の怪物
ギリシア神話に「アルゴス」という名前の人物や怪物は何人かいますが、ここで言うアルゴスは多くの目を持つ怪物のアルゴスです。

彼は、アルゴリウス地方に棲む巨人であり、背中に一眼、または二眼、もしくは全身に無数の目(百目とも言われる)を持っており、アルカディア地方を荒らしていた牡牛、そしてサテュロスを退治しました。ガイアとタルタロスの子供で、通行人をさらっては食べていた怪物のエキドナを退治したのも彼です。

怪物ではありますが、一説にはアゲノルとアレストル、もしくはイナコスとの子供であり、ゼウスに連なる家系の出です。その名は「輝いている」「明るい」を意味するギリシア語Argosに由来します。


●イオの番人
彼は「眠らない番人」として有名でした。半分の目が交互に開いたり眠ったりするので、彼の目は決して対象から目を離さないのです。

ゼウスの浮気相手で河神イナコスの娘であるイオが、ヘラ(あるいはゼウス)によって雌牛に変えられた時には、その番人を務めました。

そこで、何とか浮気をしたいゼウスは、抜け目のない息子ヘルメスに、アルゴスを何とか退治して、イオを解放する役目を言いつけます。彼は、笛の音でアルゴスの残り半分の目を眠らせると、その首をはねて殺してしまいます。

その後、しもべの死をいたんだ女神ヘラは、彼の忠実さをしのんで、孔雀の羽にその目を移植します。ゆえに、孔雀は多くの目を持っているのだそうです。

ちなみに、彼の目が移植された孔雀の羽は、常に見つめる「邪眼」や「裏切り者の目」とされ、縁起が悪いと解釈されることもあったということです。

« アレスAres | トップページ | アルテミスArtemis »

ギリシア神話の怪物」カテゴリの記事