« アルゴスArgos | トップページ | アスモデウスAsmodeus »

2014年7月 2日 (水)

アルテミスArtemis

●オリュンポス12神のひとり
アルテミスはギリシア・ローマ神話に登場する狩猟の女神で、オリュンポス12神に数えられる有力な神です。
ローマ神話のディアナに当たります。ゼウスとレトの子供で、アポロンとは双子の兄妹の関係にあります。

もともとはギリシア先住民族の豊穣の女神と考えられているこの女神は、ギリシア人がその土地を支配するに当たり、ギリシア神話に取り入れられ、純潔の女神、産褥(さんじょく)の守護神、人間と野獣に多産をもたらす女神として崇められました。


●狩猟の女神
彼女は純潔を守り、常に20人のニンフ(妖精)および猟犬たちとともに狩猟に興じています。生まれてからすぐゼウスを探しに出かけ、出会った時には飾りや宝石でなく、弓や矢のいっぱい入った箙(えびら)、短いチュニック、狩りの長靴をねだったと言います。

彼女は、男と、不義を働く女性が大嫌いで、ニンフのひとりカリストは、ゼウスと交わって一子アルカスを生んだということで、アルテミスから熊に変じられるという罰を受けています。このカリスト、アルカスは現在天に上げられておおぐま座、こぐま座となっています。

また、狩人のアクタイオンは、たまたまアルテミスの水浴の場面を覗いてしまったということで鹿に変じられ、彼の猟犬に八つ裂きにされて殺されています。


●月の女神
彼女はまた、太陽神のアポロンとの対比から、月の女神とされることがあります。ただ、この場合、セレネという別の女神が現れたことから、太陽神(アポロン)ほどには積極的に崇拝はされなかったようです(各地で月の女神と同一視されることはありましたが)。
むしろ、太陽神の片割れという性格の方が強く、日本神話の天照大神(アマテラスオオミカミ)は、アルテミスの伝承が日本へ伝わった結果生まれたものだという説もあります。

アポロンとは双子ということもあって仲が良く、デルフォイのピュトン退治にも彼女はついて行って、ともに戦っています。


●アルテミスが恋した話
そんなアルテミスも、珍しくひとりの男に惹かれたことがありました。狩人のオリオンです。珍しく熱をあげる妹に、アポロンの嫉妬心が働いたのか、ある時、オリオンが遠泳している時に、彼は妹に「弓矢勝負をしよう」と持ちかけます。

目標は海の向こうにいるあの小さな粒みたいなもの。実はこれがオリオンだったのですが、そんなこととはつゆ知らず、アルテミスは彼のこめかみを見事にも打ち抜いてしまいます。

彼女は嘆き悲しみ、神々はそれを哀れんで、オリオンを空に上げて星座にします。
これが有名なオリオン座のおこりということですが、別の説では、オリオンがアルテミスとともに狩りをしていて、彼女に無理矢理触れようとしたため、彼女は大地から死のサソリを呼び出し、オリオンのかかとを刺すよう命じたということになっています。



●亜種・別名など
ディアナ、ダイアナ

« アルゴスArgos | トップページ | アスモデウスAsmodeus »

ギリシア神話の神々」カテゴリの記事