« ケルヌンノスCernunnos | トップページ | カラドリオスCharadrios »

2014年7月 3日 (木)

ケートスCetus

●クジラの怪物
ケートスはギリシア神話に登場する怪物です。
その姿は伝承によって違いますが、おおむねクジラのように膨れた身体を持った肉食獣とされています。ケートスとはクジラを意味するギリシア語だからです。

この怪物は、エチオピア王妃カシオペイアの不遜な言葉から生まれました。

ある時、カシオペイアは娘アンドロメダの美しさは、女神にもニンフ(妖精)にも勝ると言いました。この言葉に怒ったポセイドンはエチオピアにこの怪物を送り込みます。
エチオピアはこの怪物によって荒廃しました。そして、エチオピア王ケペウスは、この怪物を治めるには娘アンドロメダを生贄にするしかない、と思い、彼女を岩場に繋ぎます。


●ペルセウスの登場
そこへ偶然通りがかったのが、メデューサを退治した英雄ペルセウスでした。彼はアンドロメダの美貌に魅せられ、彼女を妻にしたいと考えました。王ケペウスはケートスを何とかしたら妻にしても良いと言います。
そこで彼は、メデューサの首を使って、ケートスを岩に変えました。王は喜んで、アンドロメダの婿にペルセウスを迎えます。

なお、ケートスはその後神々によって天空に挙げられ、鯨座となりました。

« ケルヌンノスCernunnos | トップページ | カラドリオスCharadrios »

ギリシア神話の怪物」カテゴリの記事