« アハ・イシュケEach-uisge | トップページ | エリゴルEligor »

2014年7月 3日 (木)

エキドナEchidna

●怪物たちの母
エキドナはギリシア神話の怪物です。その名前は「まむし」を意味し、半人半蛇の怪物として知られます。
かつてはギリシアのスキタイ植民地の女神であり、大地母神だったと考えられておりますが、ギリシア神話の普及によって怪物に書き換えられました。

彼女が彼女たるゆえんは、その子供の多さ、多彩さにあります。

夫のテュポンとの間に、冥界の番犬ケルベロスをはじめとして、双頭の犬オルトロス(オルトス)、レルネの大蛇ヒュドラ、絶え間ない噴火で知られるリュキア地方(トルコ南部)に棲む複合怪物キマイラ(キメラ)、有翼の怪物ハルピュイア(ハーピー)、ヘスペリスの林檎を守る竜ラドン、コルキス(現在のグルジア近辺)で黄金の羊皮の番をしていた竜、プロメテウスの肝臓を食べた鷲、などをもうけ、さらに子供のオルトロスとも通じてネメアのライオン、オイディプスに退治されたスフィンクスを生んでいます。一説によれば、スキュラも彼女の娘だとされています。
まさに彼女なしでは、ギリシア・ローマ神話の英雄伝説は成り立たないと言えるほどの多産ぶりです。

キリスト教では、彼女は「美しい半身(=女性)」と「見苦しい恥部(=蛇)」で構成されることから、売春婦の象徴と見なされることもありました。


●彼女の両親
彼女の両親については諸説あって一定していません。

紀元前8世紀ごろの詩人ヘシオドスは「神統記」の中で、エキドナを巨人クリュオサルと、オケアニス(オケアノスの娘)のひとりカリロエの子としています。クリュオサルは、蛇髪の怪物メデューサの首を斬った時に、その血から生まれ出た巨人です。
他には、ポルキュスとケトの子であるとも、タルタロス、あるいはステュクス(冥界の河)から生まれたとも言われています。

これは、彼女がさまざまな神話体系の複合体から生まれたことを示しています。


●彼女の暮らし
エキドナは上半身がきらめく目を持つ美しい女性である一方で、下半身はまだらのある蛇の姿です。

その住処はアリミヌム(イタリア北部の一地方)とも、スキュティア(スキタイ)とも言われており、その他に小アジアのアリマ地方、エーゲ海沿岸のキリキア地方という説があるようで、はっきり分かっていません。
分かっているのは、「テュポーエウスの洞窟」に棲み、家畜や旅人を引きずり込んではむさぼり食っていた、ということだけです。

多産な怪物ながら、その性質は不死ではなかったと言われ、女神ヘラのつかわした百目の巨人アルゴスに棍棒で殴られ死んだとされています。その場所はペロポネソス半島(ギリシア南部)のどこかだと言われています。

また、別の説では、彼女は不死であったという言い伝えもあるようです。


●ヘラクレスとエキドナ
黒海沿岸のギリシア植民地の伝説では、彼女はこの地方の洞窟に棲み、ヘラクレスの馬群を奪いました。この英雄が取り返しに来た時、何故か彼と交わって3人の子供、アガテュルソス、ゲロノス、スキュテスをもうけたともされています。

「スキタイ」という名前は、このスキュテスの名前から来ているということです。

« アハ・イシュケEach-uisge | トップページ | エリゴルEligor »

ギリシア神話の怪物」カテゴリの記事