« エリュニスErinys | トップページ | ファウヌスFaunus »

2014年7月 3日 (木)

ファーヴニルFafnir

●北欧神話のドラゴン
ファーヴニルは北欧神話およびゲルマン神話に登場するドラゴンの名前です。魔法使いのフレイズマルの3人息子のひとりで、他のふたりはオッテルとレギンでした。

オーディン、ヘッテル、ロキの3人で旅をしている時、カワウソに変身して鮭を食べようとしているオッテルを、荒神ロキが石を投げて殺してしまったので、その日の宿の亭主だったフレイズマルは、神々を縛り上げ、賠償としてカワウソの皮が完全に隠れるまでの黄金を用意するよう命じました。

ロキは代表者として送り出され、そこでアンドヴァリと呼ばれる小人を捕まえ、黄金を要求します。
アンドヴァリは渋々それに従うものの、黄金の腕輪だけは渡すのを拒みました。なぜなら、それは富を増す力を持つものの、持ち主に破滅をもたらすからでした。しかし、ロキはそれをも奪います。

ロキが黄金を持ち帰ってきたのを見て、オーディンは腕輪がどうしても欲しくなりました。しかし、カワウソの皮にかぶせるために使うしかありませんでした。

こうして、この腕輪はフレイズマルの元に残されたのでした。


●腕輪の呪い
アンドヴァリの腕輪の呪いが効果を発するには、そう時間はかかりませんでした。ファーヴニルとレギンが共謀し、その財宝を奪おうとして父親フレイズマルを殺してしまったからです。

ファーヴニルは、さらに宝を独り占めにしようと、グリタヘイドに逃げ、そこで世にも恐ろしいドラゴンに変身し、宝を隠しました。

レギンはシグルドという若者に相談し、そのドラゴンを殺すように説得します。シグルドは了承し、鍛冶屋であったレギンは、シグルドの父の剣を鍛え直し、グラムという剣を与えます。
そして、ファーヴニルの通り道に穴を掘り、その中に潜みます。そして、ファーヴニルが通りがかると、その心臓をひと突きにしたのです。

シグルドはレギンの言葉に従い、ドラゴンの心臓を取り出して食べようと、リジル(リジン)という剣に突き刺し、それを火であぶりました。すると、指に火傷を負ったので、思わず指を口に入れたところ、ファーヴニルの血の力か、あらゆる言葉を理解する力を手に入れました。

そこで、レギンがシグルドを殺して財宝を奪おうとしていることを知ったのです。そこで、シグルドはレギンの頭を斬り落とし、そのまま腕輪もろとも財宝を奪いつつ、逃亡します。


●「ニーベルングの指輪」
この物語は、のちにリヒャルト・ワーグナーによって「ニーベルングの指輪」に作り替えられ、シグルドはジークフリードに、アンドヴァリの腕輪はニーベルングの指輪にそれぞれ変えられました。
そして、オッテルとレギンの二人は、それぞれアルベリヒとミーメという名前に変えられ、現在に伝わるジークフリード伝説の原形になりました。



●亜種・別名など
ファフニル/ファーフニル/ファーフニール/ファフナー/ファーフナー

« エリュニスErinys | トップページ | ファウヌスFaunus »

北欧神話の怪物」カテゴリの記事