« フェンリルFenrir | トップページ | フラウロスFlauros »

2014年7月 3日 (木)

ファイアー・ドレイクFire Drake

●ケルトのドラゴン
ファイアー・ドレイクはケルト人(古代北西ヨーロッパ人)やチュートン人(古代デンマーク人)の伝承に登場するドラゴン(もしくは蛇)の一種です。口から炎を吐き、空を飛び、イギリス諸島や北ヨーロッパの山にある洞窟に棲んでいるとされました。

この怪物は財宝を守護していると言われ、近づく者を絶対に許しません。

その名(「火の竜」)にある通り、炎をまとった姿を持ち、現れる時は辺り一面、昼のように照らされます。
それゆえ、「火の精霊」もしくは「死者の魂」と同一視されることもありました。夜、不思議な光が見えたら、それはファイアー・ドレイクが空を駆けている姿なのだそうです。また、別の説では、熱い雲と冷たい雲が交わってこの怪物が誕生するとも言われています。

いずれにしても、ウィル・オー・ザ・ウィスプやイグニス・ファトゥスと同じく自然現象をもとにしていることは間違いないでしょう。

後世には羽の生えたドラゴンの姿で描かれ、しばしば紋章のモチーフにもなりました。

« フェンリルFenrir | トップページ | フラウロスFlauros »

怪物一般」カテゴリの記事