« ガープGaap | トップページ | ガミジンGamigin »

2014年7月 3日 (木)

ガブリエルGabriel

●熾天使(セラフィム)の一角
ガブリエルはあらゆる天使の中でも、とりわけ抜群の知名度を誇る存在です。キリスト教はあんまり知らなくても、ミカエルとガブリエルの名前だけは知っている、という人は多いのではないでしょうか。

その名前は「神は我が力」を意味するヘブライ語から来ると言われ、神の左側に座することを許された唯一の存在です。
天使の最高位である「熾天使(セラフィム)」のひとりであり、ミカエル、ラファエル、ウリエルらと併せて「四大天使」という呼ぶ場合もあります。

「エデンの園」を統括し、上級第二位の「智天使(ケルビム)」をその支配下に置いています。
水、北方、復活、慈悲、死、復讐、黙示、真理などの属性をつかさどり、「神の子」イエス・キリストが生誕する際には、聖母マリアにその妊娠を告げるという「受胎告知」を行う栄誉を担いました。

ちなみにガブリエルはその半年前にも、イエスの最も良き協力者となる使徒ヨハネの「受胎告知」も行っています。このようなエピソードから、しばしばこの天使は「伝令」と「通信」の守護者と見なされています。


●イスラムとガブリエル
イスラム社会において、ガブリエル(アラビア語で「ジブリール」もしくは「ジブリル」)はミカエル以上に人気のある天使です。
ミカエルがヨーロッパの守護をつかさどるのに対し、ガブリエルはアラブを含む東洋をつかさどるから……というのもありますが、預言者ムハンマド(モハメッド)に啓示とコーラン(聖典)を与えたのがガブリエルであったからです。

彼が預言を受けたときの様子は次のように伝えられています。

25歳で金持ちの未亡人ハディージャと結婚し、順風満帆の日々を送っていたこの商人は、40歳ごろから徐々に不安にさいなまれるようになります。やがて信仰や瞑想に対する渇望にとらわれ、彼は洞窟にこもり瞑想にふけるようになりました。

ある夜、いつものように瞑想を終えてごろりと横になっていると、突然形容しがたい圧迫感に襲われて、彼は失神します。目が覚めると、その前に「140枚の羽を持った」ガブリエルが立ち、不思議な文字の記されたショールを持って彼に「読め!」と迫りました。
何がなにやら、わけの分からない状況に、ムハンマドは激しく抵抗します。
「いや、無理です。私は無学な人間ですから……」
しかし、ガブリエルは諦めず、その後何度もムハンマドの前に現れては、アッラーの教えを優しく説き続けます。

当初は怖がるばかりだったムハンマドも、妻の励ましなどもあり、やがてこの天使の言うことを素直に聞くようになって、ガブリエルの伝えるアッラーの言葉を一冊の本にまとめ始めます。この本こそが、いま伝わる「コーラン(聖典)」の原型となったということです。


●ユダヤ教・キリスト教のガブリエル
この天使は旧約聖書と新約聖書の双方に登場する、数少ない存在です。特にユダヤでは広い信仰を集め、ソドム(男色を意味するソドミーSodomyの語源)とゴモラを含む各都市に死と破壊をもたらしています。

また、「エノク書」にその名の残る預言者エノクが天国に赴いた際にも、ガブリエルは登場し、神の座への案内を引き受けていますし、「ダニエル書」のダニエルにも彼は会っています。

ユダヤの伝承によれば、ガブリエルは一時期天界を「追放」されていたことがあったようで、その間はペルシャの守護天使ドビエルがガブリエルの代わりを務めました。
追放の理由は神の恩寵を失ったためで、それが命令違反によるものなのか、それとも別の理由があるのかは分かりません。

中世にはヨーロッパを守護するミカエルに対し、ガブリエルは東洋を守護すると考えられ、そこから日本の守護天使はガブリエルだということになっています。

百年戦争の時代(15世紀)にはフランスのドンレミ・ラ・ピュセル村に現れて、村娘ジャネットに「フランスを救え」と呼びかけています。彼女は程なくオルレアンに行って「聖処女」ジャンヌ・ダルクとなりました。


●女性?の天使
この天使は、天使にしては珍しく、女性の姿を取ることがあると言います。

ユダヤ外典「トビト書」の記述によれば、ガブリエルは常に神の左側を占めており、ユダヤの習慣では、男性は右側、女性は左側を占めることになっていました。
また、マリアに「受胎告知」を行ったことも根拠の一つになっています。当時の社会では、女性の部屋へ勝手に入り話しかけることができるのは、女性だけでありました。

「受胎告知」は中世の画家がこぞって採用したモチーフでありますが、そこに描かれるガブリエルは、しばしば美しい女性の姿で描かれます。
ガブリエルのそばに描かれる百合の花はガブリエルの象徴であると同時に、花の形が女性器に似ていることから「女性」そのものを表します。

もっとも、キリスト教をはじめ、イスラム教、ユダヤ教ともにこの「ガブリエル=女性説」を公式には認めておりません。ガブリエルは四大天使の一角を占める重要な天使なので、それが女性であるというのは信じがたいことなのでしょう。

なお、絵画などに描かれる場合は、比較的地味な服装のミカエルとは対照的に、ガブリエルは時代の世相を映した流行りの服を着ることが多いようです。



●亜種・別名など
ジブリール

« ガープGaap | トップページ | ガミジンGamigin »

キリスト教・ユダヤ教」カテゴリの記事