« ゲイザーGazer | トップページ | ゴーストGhost »

2014年7月 3日 (木)

ゲリュオンGeryon

●三頭三身の巨人
ゲリュオン(ゲリュオネウス)は3人の男性の身体が腹部で繋がっている姿をしており、手足が6本ある巨人です。ヘシオドスの「神統記」では、クリュサオルとカリロエの子供になっており、3つの頭を持つと言われています。
この巨人は、一説によれば大洋の西の彼方にあるエリュテイアの島に棲み、多くの牛を保有していました。これらの牛は牛飼であるエウリュティオンと、双頭の犬オルトロスによって守られていました。


●ヘラクレスとの死闘
そこへやって来たのが、英雄ヘラクレスでした。
彼は「十二の難業」の10番目の功業として、ゲリュオンの牛を奪いに来たのでした。
オルトロスがまず飛びかかりますが、棍棒で打ち倒され、それを助けに行ったエウリュティオンもヘラクレスによって殺されてしまいます。
牛を奪われたことを知ったゲリュオンは、ヘラクレスを追いかけ、アンテムス河畔でヘラクレスと応戦します。しかし、彼はヘラクレスの矢に射貫かれ、死んでしまいます。


●ゲリュオンの玉座
古代ギリシアの地理学者で旅行家でもあったパウサニアスは、著書「ギリシア案内記」において、ゲリュオンについて触れています。
それによれば、リュディア(小アジア)地方のテメヌ・テュライという町にある丘から、とても人間のものとは思えない巨大な遺構が見つかったというのです。さらに、山の突端に彫られた大きな玉座が発見され、これはゲリュオンのものではないか、と大騒ぎになりました。しかし、パウサニアスは冷静に、ゲリュオンがいたのはここではなく、ガデイラの町(現在のスペイン・カディス)だと述べ、騒ぎは収まったそうです。



●亜種・別名など
ゲリュオネウス/ゲーリュオネウス/ゲーリュオネース

« ゲイザーGazer | トップページ | ゴーストGhost »

ギリシア神話の怪物」カテゴリの記事