« グールGhoul | トップページ | グラシャラボラスGlasyalabolas »

2014年7月 3日 (木)

ギガンテスGigantes

●ギリシア神話の巨人
ギガンテスはギリシア神話に登場する巨人の名前です。ギガンテスは複数形で、単数ではギガースです。その生まれからゲゲイネス(大地より生まれし者)と呼ばれることもあります。

英語の「ジャイアントgiant」の語源となった存在であり、彼らはウラノスの血が大地、すなわちガイアの胎内にしたたった時に生まれました。皆、天をつくような巨人であり、人間のような姿をしていますが、のちに腰から下が2本の蛇(竜)に変わっていきました。

彼らはそれぞれ名前がつけられており、その内容は次のようになっています。

アグリオス(飼い慣らせない者)、アルキュオネウス(騒々しくわめく者)、アロアオス(脱穀場の)、エウリュトス(早瀬)、グラティオン(不快な音を立てる者)、ヒッポリュトス(大敗走)、ミマス(あざける者)、パラス(端麗な者)、ポリュポテス(牧場主)、ポルピュリオン(紫の衣を着た者)、トアス(素早い者)、ティテュオス(危険を冒す者)。
場合によってはポイトスやエピアルテス、オトス、プリアレオス、コットス、ギュゲスを含む場合があります。

この中ではアルキュオネウスが最強と言われ、ギガンテスの居住地であるプレグライという野の外に出なければ無敵だと言われました。


●ギガントマキア
彼らはゼウスの父の眷属であるティタン神族が、ゼウスらオリュンポス神族との戦い(ティタノマキア)に負けたことより、ガイアによって差し向けられました。

彼らは大きな塚をオリュンポス山の傍らに築き、そこを足がかりに攻め込んだと言います。
その巨体と怪力を活かして、神々に向かって大きな岩を投げたり、引き抜いた樫の大木を松明や武器として使用しました。一説によればきらめく鎧と長槍を持っていたともされています。

神々はその恐ろしさに、いったん引きますが、「人間の協力を得れば勝てる」との神託により、勇気を奮い起こして戦いに挑みます。
果たして、人間のヘラクレスが駆けつけ、戦いはオリュンポス神族優位に進みました。

アルキュオネウスはヘラクレスの毒矢によって射られて、プレグライの地から足を離してしまったがために死に、その他のギガンテスたちも、ヘラクレスに射られたり、アテナ、アレス、ヘパイストス、ヘカテ、ディオニュソス、ポセイドン、ハーデス、アルテミス、アポロンらオリュンポス神族の、それぞれの特技を活かした攻撃によって、次々と倒されていきました。
結局、すべてのギガンテスたちが火山の下に埋められ、戦いはオリュンポス神族の勝利に終わります。

しかし、生き残ったギガンテスたちは、地面の下でしばしば暴れるので、それが原因で地震が起こるとされています。


●ギガンテスたちの正体
この戦いは、古代ギリシア人に人気のモチーフだったようで、今でも残されたレリーフや祭壇などにその戦いの様子を見ることができます。
一説には、これらの巨人伝説が生まれたのは、恐竜の化石がアルカディア(ギリシア南部)で発見され続けられていることからだと言われています。



●亜種・別名など
ギガース

« グールGhoul | トップページ | グラシャラボラスGlasyalabolas »

ギリシア神話の怪物」カテゴリの記事