« ゴルゴン(メデューサたち)Gorgon | トップページ | ゴルゴン(ガイアの子供たち)Gorgon »

2014年7月 3日 (木)

ゴルゴン(トプセルの怪物)Gorgon

●トプセルのドラゴン
ゴルゴンは17世紀にエドワード・トプセルという人物によって作られた想像上の怪物です。カトブレパスの別名ともされていますが、民間伝承に残るカトブレパスとは大きくその姿が異なっています。

トプセルによれば、ゴルゴンとは全身が鱗で覆われた翼のあるドラゴンで、長いたてがみの下には血走った目があり、巨大な歯を生やし、足の代わりに蹄(ひづめ)があるとされています。
毒草のみを食すためその息も猛毒となり、目が合った者すべてを石に変えてしまいます。

恐らくは、ギリシア・ローマ神話のゴルゴン伝説と、リビア(現在の北アフリカ)で言い伝えられていたゴルゴンと、カトブレパスの伝承が一緒くたにされて、このような怪物が生まれたのでしょう。



●亜種・別名など
カトブレパス

« ゴルゴン(メデューサたち)Gorgon | トップページ | ゴルゴン(ガイアの子供たち)Gorgon »

怪物一般」カテゴリの記事