« グシオンGusion | トップページ | ハゲンティHagenti »

2014年7月 3日 (木)

ハーデスHades

●冥界の神
ハーデス(ハーデース)はギリシア神話における冥界の神です。ローマ神話ではプルートゥ(オルクス)に当たり、この他に、プルトン(富める者)、クリュメノス(名高き人)、エルブレウス(良き忠告者)などの名前を持っています。

彼はクロノスとレアの息子であり、ゼウスにとっては兄に当たります。一度、兄弟らとともに父クロノスに呑み込まれ、天上界から姿を消しますが、ゼウスの吐剤によって再びこの世に出、父たちティタン神族に戦いを挑んでいます。
その際、キュクロプスからは姿を見せなくする兜をもらっており、それを利用して、彼はティタン神族を撃退しています。

戦争終了後、彼はポセイドン、ゼウスとともに、どこを支配するかくじ引きを行い、冥界を担当することになりました。


●ペルセポネ誘拐事件
彼は基本的に、冥界から動くことはなく、そのため彼に関するエピソードは他の神に較べ、少なめです。これは、彼が冥界の神であり、積極的に崇拝される存在ではなかったことも影響しています。

ただ、その数少ないエピソードの中で、彼は文字通り天地を揺るがす大事件を起こしています。ペルセポネ誘拐事件です。

ある日、珍しく外界に出た時、野原で花を摘んでいた一人の少女に目が止まります。デメテルとゼウスの娘、ペルセポネです。彼はたちまち一目惚れし、戦車で乗り付け、彼女を強引に冥界へと連れ去ってしまいます。

母親のデメテルが、娘がハーデスのところにいると知って来た時には、既に時遅しでした。ペルセポネは、生者が決して口にしてはならない冥界の果物(ザクロ)に、既に口をつけてしまったのです。

結局ゼウスの裁定により、一年の3分の1はハーデスのもとに、3分の2は母親デメテルのもとに居ることで何とか折り合いをつけましたが、ゆえに一年の3分の1は、植物(ペルセポネ)は冥界、すなわち地下に潜ったままになったということです。


●ハーデスの浮気
ハーデスは決して浮気性の神ではありませんが、2回ほど浮気を行っています。

1回目はコキュートス河のニンフ、メンテでした。この時は、ペルセポネが彼女を追い回し、最後には可哀想にも、踏みつぶしてしまいます。メンテはのちに薄荷(ハッカ)に変えられました。

2回目はオケアノス(大洋)の娘レウケでした。ただ、この時はペルセポネは何も言わず、レウケは穏やかに死に、エリュシオンの野(冥界の一部)の白いポプラの木に変じられました。


●ハーデス信仰
古代ギリシアには、ハーデス信仰はほとんど見られていません。尊敬されるよりも、恐れられる方の多かった神だったからでしょうか。
ただ、地下(冥界)の稀少金属をつかさどることから、プルトン(富める者)の名前で崇められることはあったようです。

彼の支配する冥界は、ホメロスの時代にはオケアノス(大洋)の向こうにあるとされてきましたが、のちに地下にあると考えられ、ギリシア各地にある洞窟がその入り口だとされました。



●亜種・別名など
ハーデース/ハーデス/プルートゥ/プルトーン/クリュメノス/エルブレウス

« グシオンGusion | トップページ | ハゲンティHagenti »

ギリシア神話の神々」カテゴリの記事