« ハゲンティHagenti | トップページ | ハルファスHalphas »

2014年7月 3日 (木)

アィー(ハイート)Haiit

●人間顔の怪物
アィー(ハイート)はアンドレ・トゥヴェの「東方地理誌」(16世紀半ば)、およびそれを引用したと思われるフランスの外科医アンプロワーズ・パレによる「怪物と驚異」で紹介されている怪物です。

その姿は巨体で、全身は毛深い毛皮で覆われていて、顔はまるで人間のようであり、そして極端に短い尾を持ちます。アフリカ中部に住んでおり、住民たちはアィーを捕らえるために罠を作るそうです。

また、アィーの四肢には3つの指がついていて、幅広の爪でもって木に登ったとも言われています。


●博物誌に見るアィー
トゥヴェはのちに出版した「南極フランス異聞」の中で「アユ(アユティ)」という名前の怪物を紹介しています。棲息地域がアメリカになっているものの、アィーに似た容貌を持ち、習性もアィーにそっくりです。

アユとアィーの共通点は、人前では何も食べないということです。現地の住民たちは「空気を食べているのだ」とし、トゥヴェも26日間飼ってみましたが、彼らが何かを食べる姿をついに見ることができませんでした。

この怪物は、その習性から恐らくナマケモノのたぐいだと考えられていますが、不思議な怪物のひとつとして、当時の博物誌の1ページを飾っています。



●亜種・別名など
アユ/アユティ

« ハゲンティHagenti | トップページ | ハルファスHalphas »

怪物一般」カテゴリの記事