« ハポリュムHaporym | トップページ | ヘベHebe »

2014年7月 3日 (木)

ハルピュイア(ハーピー)Harpuia/Harpy

●ギリシア神話の怪鳥
ハルピュイア(ハーピー)はギリシア神話に登場する怪物です。その名前はラテン語で「ひったくる者」を意味し、醜い女性の顔と鳥の身体を持ち、鷲のようなかぎ爪を持ちます。

この怪物には伝承が多く、その内容もバラバラなので、起源はよく分かっていないのですが、一説にはオリュンポス神族が登場する前から存在していた女神とされ、やがてゼウスへ仕えたと言われています。

しかし、やがて冥界の神ハーデスに仕えるようになり、その住処を墓地や地下へと変えました。
「髪が豊かで、風や鳥たちと肩を並べるほど速い」(ヘシオドス「神統記」より)と言われた美しさは微塵もなくなり、「暗黒の女」の異名に見られるように、汚く、貪欲で、忌まわしい姿へと変貌します。


●伝承に見るハルピュイア
ローマの詩人ウェルギリウスの叙事詩「アエネイス」によれば、彼女たちは処女の顔をした鳥であり、排泄するものは世にも最も忌まわしく、爪は曲がって鉤(かぎ)となり、いつも飢えていて青白い顔をしているとされています。

また、死ぬことがなく、悪臭を放ち、終始耳障りな声を立て、目にするものすべてを呑み込み、糞をまき散らして辺りを汚し回り、満たされることのない空腹を抱えて、宴という宴を荒らし回ります。

アルゴ探検隊の冒険譚の中にもこの怪鳥は登場し、そこでは、神の怒りに触れたトラキア王ピネウスの食卓を汚して苦しめる存在として描かれます。
しかし、立ち寄ったアルゴ探検隊の中にいたゼーテースとカライスの兄弟によって、この怪鳥は追い払われ、ピネウス王はあわや餓死という運命を逃れるのです。


●名前のついたハルピュイア
ギリシア神話には名前のついたハルピュイアが登場します。その数は2匹とも3匹とも4匹とも言われており、一般には4匹の名前が知られています。
アエロ(疾風)、オキュペケ(速く飛ぶ)、ケライノ(暗闇、雷雲)、ポダルゲ(速く歩く)の4姉妹であり、中でもポダルゲは、その容貌の醜さにもかかわらず、北風の精ボレアスの気を引き、彼を父親として二匹の馬を生みます。
その子供はクサントゥスとパリオスと名付けられ、のちにトロイア戦争の英雄アキレウスの戦車を曳く有名な神馬となります。


●キリスト教社会のハルピュイア
彼女たちはローマ人によって怪鳥へ貶められたにもかかわらず、その不可思議な姿からしばしば紋章のモチーフとなります。

中世には処女宮(乙女座)のエンブレムとなり、また、ダンテの「神曲」では、貪欲に人を襲う不幸と絶望のシンボルとして、自殺した人々の魂をむさぼり食う存在となります。
キリスト教会では、七つの大罪のうち「貪欲」を描写するものとして用いられることもありました。心理学的には、悪の化身であり、罪と罰、あるいは分裂を象徴することもあるようです。



●亜種・別名など
ハルピュイアイ(ハルピュイアたち)/アエロ/オキュペケ/ケライノ/ポダルゲ

« ハポリュムHaporym | トップページ | ヘベHebe »

ギリシア神話の怪物」カテゴリの記事