« ハルピュイア(ハーピー)Harpuia/Harpy | トップページ | ヘカトンケイルHekatoncheir »

2014年7月 3日 (木)

ヘベHebe

●青春と若さの女神
ヘベ(ヘーベー)は青春と若さをつかさどる女神です。ゼウスと正妻ヘラの娘であり、オリュンポス12神のひとりに数えられることもあります。

彼女の名はそのまま「若さ」を意味し、青春と若さをつかさどります。
一説には、家族の中で家事に没頭する若い娘を神格化したものだと言われています。ローマ神話ではユウェンタスの名前で呼ばれました。


●お酌の女神
彼女はオリュンポスの館において、もっぱら給仕とお酌をつかさどりました。神酒(ネクタル)や神饌(アンブロシア)を配るのは彼女の役目であり、しばしば神々は、正体をなくすまで飲みました。
そこから、泥酔することを、ヘベ・エリュエケHebe erryeke(ヘベのお酌)と言うようになり、日本語の「へべれけ」という言葉になった説があります。

給仕以外にも、家事一切を取りしきり、実兄のアレスが戦いから帰ってきた時には、妹としてその入浴を手伝いました。また、ヘラが外出する時は、その馬車のセッティングまでしたそうです。

性格はどちらかと言えば脳天気で、嫉妬深いヘラを懲らしめるために、愛娘のヘベをゼウスが天上から吊り下げた時にも、彼女はケタケタと笑っていたという話が残っています。

ある日、ドジをかまして給仕の役目を美少年ガニュメデスに奪われた時は、珍しく父親(ゼウス)に抗議していますが、ゼウスは元に戻すどころか、ガニュメデスを天上にあげて星座(水瓶座)にしています。

ヘラクレスがヘラの恨みから解放され、昇天し、神々の仲間入りをした時には、ヘベはその妻としてめあわされました。そして、アレクシアレスとアニケトスという二人の子供に恵まれたという話です。



●亜種・別名など
ヘーベー/ユウェンタス

« ハルピュイア(ハーピー)Harpuia/Harpy | トップページ | ヘカトンケイルHekatoncheir »

ギリシア神話の神々」カテゴリの記事