« ヘベHebe | トップページ | ヘパイストスHephaestus »

2014年7月 3日 (木)

ヘカトンケイルHekatoncheir

●百腕巨人
ヘカトンケイルはギリシア神話に登場する、ガイア(大地)とウラノス(天)の子供で、3人の身体が胴体でくっついたような感じの巨人です。複数ではヘカトンケイレスとも呼ばれます。
頭が50箇、腕が100本あるとも言われることから、「百腕巨人」と訳されることもあるようです。ローマ神話ではケンティマネスの名前がつけられています。

一般に三人兄弟として知られ、それぞれコットス(怒り)、プレアリオス(活力)、ギュエス(大きな手足を持つ者)という名前を持っています。

●不遇な巨人たち
彼らは生まれた時から不遇でした。ガイアとウラノスの間に生まれたにもかかわらず、そのあまりの異形さからウラノスに疎まれ、大地の奥深くのタルタロスに封じられました。

ウラノスからクロノスに神々の主の座が移る時、一度出されましたが、やがてまたタルタロスに入れられ、次に出るのはティタノマキア、つまりティタン神族とオリュンポス神族との戦いの時でした。
この時、彼らはオリュンポス神族に味方し、大きな戦力となりました。

ティタノマキア終了後はティタン神族が脱出しないように、タルタロスの門番を務めています。

その後もときおり外に出てはいるようで、ヘラ、ポセイドン、アテナがゼウスに対し陰謀を企てた時に、海の女神テティスの依頼でゼウスを護る存在として登場しています。


●亜種・別名など
マルパス/コットス/プレアリオス/ギュエス

« ヘベHebe | トップページ | ヘパイストスHephaestus »

ギリシア神話の怪物」カテゴリの記事