« ヘルメスHermes | トップページ | ヒポグリフHippogriff »

2014年7月 4日 (金)

ヘスティアHestia

●炉の女神
ヘスティア(ヘスティアー)はギリシア神話における炉の女神です。ローマ神話のウェスタに当たり、その意味するところはどちらも「炉」そのものです。ギリシア12神のひとりでもあります。

現在でこそ、あまりメジャーな印象を持つ女神ではありませんが、古代ギリシアにおいては、炉は家族の集う場所であると同時に、大切な火を守るところであり、また犠牲を捧げる部分であったため、どの家々、都市にも彼女の祭壇が設けられました。
新市が建設された時には、その祭壇から新たな火を移す作業が行われたと言います。


●呑気な女神
彼女はきわめて古い歴史を持つ女神のため、そして、あまりに普遍的な存在なため、特定の伝承はほとんど残っていません。
辛うじてクロノスとレアの長女であり、ゼウスにとっては姉に当たり、家格で言えば最上位に属する……という設定だけが残されています。

犠牲を捧げる時には、必ず一口めは彼女に与えられましたし、また、神酒を注がれる時も、最初と最後は必ずヘスティアのものでした。
哲学者プラトンの語るところによれば、常にかつかつしていた他の神に較べ、「彼女ひとりだけがのんびりしていた」そうです。

やることと言えば、天上の館の炉をじっと見守っているだけ。他の神のように、子孫を残したり、あるいは信者を求めて行動したりということはほとんどなかったようです。人びとが勝手に崇めてくれるので、その必要もなかったのでしょう。

そんな彼女に、ある日ロマンスが訪れます。アポロンとポセイドンから、それぞれ求婚されたのです。
しかし、彼女はにべもなくその願いをはねつけます。そして、永遠に処女でいることをゼウスに願ったのです。果たして、その願いは聞き届けられ、彼女は結婚の幸せと引き替えに、天上の住処の中心を占め、何でも最上位に位置することを許されたのです。

ちなみに、家格には頓着せず、甥のディオニュソスが12神の中に入れなかったことを嘆くと、その座をあっさり明け渡したとも言われています。



●亜種・別名など
ヘスティアー/ウェスタ

« ヘルメスHermes | トップページ | ヒポグリフHippogriff »

ギリシア神話の神々」カテゴリの記事