« ヒュドラHydra | トップページ | インキュバス/サッキュバスIncubus/Succubus »

2014年7月 4日 (金)

イマモImamo

●イマモ!
イマモは熊本県天草諸島下島に住んでいる妖怪の名前です。
姿かたちは見えませんが、峠道などで「昔、ここで○○があったそうな」と言うと、「イマモ!」という怒鳴り声が聞こえ、その○○が落ちてくるというものです。「イマモ」というのは恐らく「今も(出るぞ)」の意味でしょう。

この妖怪には背筋の寒くなるようなエピソードが残っています。

ある峠道を歩いていると、旅人たちが、ふと「昔、ここには血だらけの人間の手があったそうな」と口にしました。
すると、「イマモ!」という言葉とともに、血のしたたる人間の手がごろりごろりと落ちてきました。

旅人たちが肝を潰して逃げ、疲れて一休みしていると、再び誰かが「昔、この辺では人の生首もあったと言うぞ」とつい口に出しました。
すると、再び「イマモ!」という怒鳴り声とともに、人の生首がごろりごろりと落ちてきたと言うことです。



●亜種・別名など
油ずまし/油すまし

« ヒュドラHydra | トップページ | インキュバス/サッキュバスIncubus/Succubus »

ケルト神話」カテゴリの記事