« マルバスMarbas | トップページ | メデューサ(メドゥーサ)Medusa »

2014年7月 5日 (土)

マルコシアスMarchocias

●有翼の狼
マルコシアス(マルショキアス)は、地獄の大侯爵で、グリフォンの翼と蛇の尾を持つ、血に飢えた牝狼(または牡牛)の姿で現れます。口からは炎を吐きます。

もともとは第七座天使(スローンズ、上級第三位の天使)、あるいは主天使(ドミニオンズ、中級第一位の天使)だったとも言われますが、ルシファーが天界に叛旗を翻した時、主人のゴモリーのもとを離れ、遊撃部隊として彼に荷担し、ともに堕天しました。いつか天に帰れる日を待ち望んでいるとも言われます。

ソロモン72将のひとりであり、30の悪霊軍団を率います。黙示文学の「偽エノク書」の目録にもその名前が記載されています。

人間の姿を取る時は、黒いあごひげを生やし、真夏のような太陽の輝きを持つ王冠をかぶった、長身の闘士となります。

彼は決して嘘をつきませんが、巧みな話術で、それを悟らせません。
一面的な受け答えしかしなかったり、あるいは答えをはぐらかせて、相手に正体をつかませないのです。



●亜種・別名など
マルコキアス/マルショキアス/マルコキャス

« マルバスMarbas | トップページ | メデューサ(メドゥーサ)Medusa »

悪魔」カテゴリの記事