« ウロボロスOuroboros/Uroboros | トップページ | パンPan »

2014年7月 6日 (日)

パイモンPaimon/Paymon

●四界王のひとり
パイモンは「四界王」のひとり「火」をつかさどる存在であり、地獄の西の王とされています。ソロモン72将のひとりであり、偽エノク書の目録にもその名前が記されています。

もともとは主天使(中級第一位の天使)の王だと言われており、ルシファーが天に叛旗を翻した時には、「地」「水」「火」「風」の四界王のうち、ただひとり、表だってルシファーに味方し、堕天しました。
そのため、彼はルシファーの最も忠実な家来のひとりだと言われています。イメージとしては近衛部隊長が近いのではないでしょうか。

その姿は優しげな顔をした人間のそれであり、見え方によっては女性とすら見えるかも知れません。

ヒトコブラクダに乗り、光の王冠をかぶり、見えざる悪魔の楽隊による演奏とともに現れます。耳障りな大声を常に張り上げるので、術者が威嚇しない限り、何を言っているのか分かりません。


●芸術と科学の悪魔
彼は芸術と科学、そして秘術をつかさどり、一瞬にしてその知識を人にわけなく与えることができます。また、魔術師の望むあらゆる名誉を分け与えてくれます。
この他には「完全な粉砕」「暴走」「破滅」をつかさどります。

悪霊の200個軍団を率いると言われ、そのうちラバルとアバリムという二人の副王を連れて回り、20個軍団が常に彼のもとにいます。



●亜種・別名など
バイェモン

« ウロボロスOuroboros/Uroboros | トップページ | パンPan »

悪魔」カテゴリの記事