« パンPan | トップページ | ペルセポネPersephone »

2014年7月 6日 (日)

ペガサスPegasus

●空飛ぶ天馬
ペガサス(ペガスス、ペガソス)はギリシア神話に登場する天馬です。
同じ聖馬ということでしばしばユニコーン(一角獣)と混同されますが、まったく別の存在です。背中に立派な翼を生やした白馬の姿をしており、その羽で自由に空を飛ぶことができます。

その優雅な外見とは裏腹に、実はなかなか気性の荒い馬であり、乗る人を完全に選びます。
当初はゼウスの雷鳴と電光のみを運び、人間は誰も近づけようとせず、乗ろうと挑戦した者をことごとく振り落とそうとしたため、女神アテナが黄金の馬勒(手綱説もあり)をつけることで、ようやくコントロールできるようになったと言います。

この馬は、メデューサを退治したペルセウスや、リュキア山の怪物キマイラを退治したベレロフォンなどの英雄の乗馬となり、その活躍を支えました。

しかし、おとなしくなったとは言え、乗る人を選ぶことに変わりはありません。英雄ベレロフォンが慢心してその英雄たるべき資格を失った途端、空中でその背中から振り落としています。


●ギリシア神話のペガサス
ギリシア神話によれば、この馬はポセイドンとメデューサの間に生まれた子供であったとされています。
馬なのに神様の子供と言うのも奇妙な感じがしますが、ポセイドンは海神であると同時に馬と牛の神でもあったそうで、その子供にはペガサスの他に神馬アリオン(アレイオーン)などがいます。

さて、ペガサスの方はと言えば、しばらく母の体内に居続けたようですが、英雄ペルセウスがその首を切り取った途端、兄弟の巨人クリュオサルとともに外へ飛び出し、アテナそして英雄たちの乗馬となって、天空を縦横無尽に駆け回るようになりました。

ちなみに、冒険に出ていない時には、空を自由に駆けていたり、泉のそばで水などを飲んでのんびり過ごしています。
英雄ベレロフォンがペガサスに出会ったのも、コリントス(ギリシア南部)にあったペイレーネーの泉です。


●泉を掘り当てる者
この天馬にはしばしば「水」の属性がついて回ります。
そもそも、ペガサスという呼称自体が、古代ギリシア語で「泉」「水源」を意味するペーゲーPegeに由来するもので、ギリシア神話でも、ペガサスと水の深い関わり合いを示すエピソードがいくつか伝えられています。

例えば、ギリシアのヘリコン山が、どういうわけかどんどんその高さを増していき、天界へと届きそうになった際、ペガサスが現れて地面をしたたかに蹴りつけて、ようやく元の大きさに戻ったと言います。
この蹴りつけた跡は蹄の形に割れて、そこに水が湧いてヒッポクレネHippocrene(馬の泉)という水源になりました。

このヒッポクレネの水は、芸術家や預言者たちの力の文字通り「源泉」となり、ムーサイ(ギリシア神話の芸術の女神たち、ミュージックMusicの語源)もこの泉からそれぞれの力を得たと言われています。
泉の周りで舞い踊るムーサイの姿はしばしば絵画のモチーフにもなっています。


●ペラスゴイ人たちの伝説
ペガサスの起源は、ギリシアの先住民族ペラスゴイ人の伝承からだと考えられています。

ペラスゴイ人はギリシア人よりも古い時代にこの地域へ入植した民族で、ポセイドンとメデューサを主神とし、崇拝しておりました。

その後、ギリシア人たちが侵入し、ペラスゴイ人は駆逐されたか同化したか、いずれにしても歴史上から姿を消すようになると、その伝承はギリシア人たちの神話体系に組み込まれていきました。
その過程で、ペガサスに関する伝承も一緒にギリシア神話へと持ち込まれ、英雄たちの乗馬にされていったのです。

そもそも、ペガサスという名前自体が、古代ギリシア語で「泉」「水源」を意味するペーゲーPegeに、ペラスゴイ系のものであることを示す~asousという接尾語がくっついたものなのです。
この点ひとつを取っても、この天馬がペラスゴイ人と深い関わり合いを持つ存在であったことが分かります。



●亜種・別名など
ペガスス/ペガソス/スレイプニル/天馬

« パンPan | トップページ | ペルセポネPersephone »

ギリシア神話一般」カテゴリの記事