« フェニックス(悪魔)Phoenix | トップページ | プロケルProcel »

2014年7月 6日 (日)

ポセイドンPoseidon

●オリュンポス12神のひとり
ポセイドン(ポセイドーン)はギリシア神話の神で、オリュンポス12神のひとりにも数えられる有力な存在です。クロノスとレアの息子で、ゼウスにとっては兄に当たります。

海神であると同時に、地震、および馬をつかさどり、彼の子供には、何頭もの神馬が生まれています。

ローマ神話ではネプトゥヌス(英語のネプチューン)に当てられました。また、彼と彼の子トリトンは、海王星(ネプチューン)とその衛星にその名前が残っています。


●ポセイドン信仰
彼への信仰は、特にペロポネソス半島(ギリシア南部)のイオニア人の間で顕著でした。
彼の使いの動物は牡牛および馬であり、祭では黒牛が海に投げ込まれたと言います。また、馬の神らしく、競馬が奉納されました。

もとはギリシアの先住民族ペラスゴイ人の神だったと言われ、妃のメデューサ(支配する女)とともに、海に限らず広い領域をつかさどっていました。
彼の名も「主人となる」を意味する言葉から来ていると言われます。

それを証明するかのように、ロードス島やコリントスでは氏神としての扱いを受け、スパルタではゲネトリオス、すなわち「創造者」と呼ばれていました。
彼の象徴である三つ叉の矛も、本来は雷を指していたと考えられています。


●ポセイドンの伝承
ポセイドンは、他の兄弟たちと同じく、生まれた時に父クロノスによって呑み込まれました。吐き出された後はゼウスに味方し、父の一族(ティタン神族)と互角の勝負を繰り広げています。

勝利の凱歌をあげた後は、くじ引きによって支配する領域を決め、ゼウスは天地、ハーデスは冥界、そしてポセイドンは広い海を支配することになりました。

しかし、彼はこれには少々不満だったらしく、しばしば地上支配をもくろんで陰謀を繰り広げています。
一時はアテナやヘラと共謀してゼウスを王座から引きずり落とす寸前まで行きました。しかし、このもくろみは失敗に終わり、彼は罰として、傲慢な王ラオメドンに一年間仕えさせられ、彼のためにトロイアの城壁を築いています。

領有地争いも激しく、アテナと現在のアテネの領有を争って負けています。また、彼はヘラ、ゼウス、ディオニュソスとも領有地争いを起こしました。

ただ、海が彼の領地だということに異論を差し挟む者はなく、彼はエーゲ海の底に黄金の宮殿を建て、すべての海域を支配していました。


●ポセイドンの子供たち
ポセイドンはゼウスほどではありませんが浮気性の神で、正妻アムピトリテ以外にも、たくさんの女神、ニンフ(妖精)、人間と情を通じ、無数の子孫を残しています。

中でも有名なのは、正妻アムピトリテとの間に生まれた半人半魚の神トリトンでしょう。また、その妹ロデは、観光地として有名なロードス島にその名を残しています。

ゴルゴン三姉妹の末娘メデューサと情を通じた時は、その場所がアテナの神殿だったため彼女の怒りを買い、メデューサの髪を蛇に変えられています。



●亜種・別名など
マルパス

« フェニックス(悪魔)Phoenix | トップページ | プロケルProcel »

ギリシア神話の神々」カテゴリの記事