« プルソンPurson | トップページ | ピュトンPython »

2014年7月 6日 (日)

ピュグマイオイPygmaioi

●ギリシア神話の小人
ピュグマイオイ、別名ピグミーはギリシア神話に出てくる小人族の名前です。ピュグマイオイは複数形で単数ではピュグマイオスと言います。

丈がpygme(=35センチ)、すなわち常人の肘から拳までの高さしかなく、アフリカ、インド、もしくはスキュティア(スキタイ、黒海沿岸)の山中に住むと言われており、著述家プリニウスによれば羽毛と卵のかけらを混ぜ合わせた泥で小屋を建てるといい、アリストテレスは地下洞に住むと述べています。

なぜか男根は人間並みに大きいとされ、人間の娘オイノエーと結婚したニーコダマースというピュグマイオイもいます。


●彼らがコウノトリ(鶴)を憎むわけ
彼らはコウノトリもしくは鶴を、「死」をもたらす鳥として激しく嫌っており、牡牛や山羊にまたがったり、牡羊に変身したりしてパトロールに余念がなく、卵や巣を見つけるたびに、徹底的に壊して回ります。

その理由については、次のような話が伝えられています。
ピュグマイオイに嫁いだオイノエーが、ヘラとアルテミスを敬わなかったため、ヘラの怒りによってコウノトリの姿に変えられます。
彼女は、ニーコダマースとの子であるモプソスを迎えに行きますが、ピュグマイオイたちに追い返されてしまいます。その恨みで、コウノトリはピュグマイオイたちを激しく攻撃するようになった、ということです。

また別の説では、ひとりの娘がピュグマイオイの村に住み着くようになり、彼らは娘を神としてあがめたので、ヘラが機嫌を損ねて、みずからを鶴の姿に変えて、ピュグマイオイの集落に襲いかかった、とされています。


●ヘラクレスとピュグマイオイ
ヘラクレスは、有名な「十二の業」の最中にエジプトにやって来たことがあります。
戦いで疲れていた彼は、ナイル川のほとりで横になり、寝込んでしまうのですが、その姿をヘラと見間違えたピュグマイオイは、針で彼の身体を突っつきます。
さすがに彼は飛び起きて、第一の業で手に入れていたネメアの獅子の皮にピュグマイオイたちをひっくるんで、宮廷へと持ち帰ります。


●ピグミー族とピュグマイオイ
アフリカ中部には、ピグミーの名を冠する身長150センチ前後の低い人びとが生活しています。
このピグミーの名は、ピュグマイオイのそれが実在の人びとの名につけられたものですが、むしろ逆で、彼らの存在こそがピュグマイオイ伝説を生んだ、という説があります。

アフリカ南部に「背の低い人びと」が住んでいる、という話はかなり早い段階で知られており、それがエジプトを通じギリシアに伝わって、ピュグマイオイという架空の存在となったのではないかと考えられています。
歴史家ヘロドトスや大賢人アリストテレスはこの説を支持しています。



●亜種・別名など
ピュグマイオス/ピグミー

« プルソンPurson | トップページ | ピュトンPython »

ギリシア神話一般」カテゴリの記事