« サレオスSaleos | トップページ | スキアポデスSciapodes »

2014年7月 6日 (日)

サテュロスSatyr

●半人半山羊の怪物
サテュロス(サテュル、サテュルス)は半人半山羊の怪物です。
酒と踊りと音楽を愛し、悪戯や快楽を好みます。狭い額としし鼻、尖った耳、山羊の尾、毛むくじゃらな身体と割れたヒヅメを持っており、その姿は猿にも山羊にも似ていると言います。

アルカディアの神パンと混同されることがありますが、両者に直接の結びつきはなく(パンの子供シレノスに従っているという説もありますが)、山羊の下半身を持つという部分が拡大解釈された結果でしょう。
のちにギリシア神話の酒神ディオニュソスと結びつけられ、放縦な踊りと遊戯を繰り広げる者として描かれました。

ちなみにサテュロスの名は古代ギリシア語のsatyrosに由来し、その意味するところは「扇動する者」「種をまく者」です。


●博物誌に見るサテュロス
この怪物は実在が信じられたもののひとつで、1世紀の博物学者プリニウスの「博物誌」では、カタルクルディ(インド東部)に棲んでいるとされています。
非常に敏捷であり、時に四つ足で歩いたり、二本足で走ったりして、捕まえるのは非常に難しいとも言われます。

中世にはその異形の姿から、悪魔と同一視され、サバトには必ず彼の姿があるとされました。

16世紀の博物学者オラウス・マグヌスは「北方民族文化誌」の中で、パンのローマ名であるファウヌスとともにその名前を挙げ、両者を北方の多くの地方で踊り回る幽霊のたぐいと書き残しています。


●サテュロスの象徴するもの
サテュロスは地下に棲むと考えられたことから、豊穣の知恵、あるいは冥界(=未来)を表します。また、気ままと愚行、欲情を象徴します。



●亜種・別名など
サテュルス/サテュール

« サレオスSaleos | トップページ | スキアポデスSciapodes »

怪物一般」カテゴリの記事