« シルフ(シルフィード)Shylph/Shylpeed | トップページ | シトリSitri »

2014年7月 6日 (日)

シレノスSilenos

●半人半馬の種族
シレノス(セイレノス)は、ギリシア神話に登場する、サテュロスに似た河と泉の神です。
ヘルメスの子ともパン神の子とも言われ、その姿は上半身が人間で、耳と下半身および尾が馬、鼻は獅子のように低いと言われます。

シレノスという名前は、「ワインで慢心となった」を意味するギリシア語から来ており、いつも酩酊した姿で現れます。
酒神ディオニュソスとは強い関わりがあり、その放浪に付き従いました。彼の養育係だったという説もあります。


●知恵の持ち主
性格は良く言えば奔放、悪く言えばスケベで、常にどこかのニンフの尻を追いかけています。ヘラやイリスのような女神に迫ったこともありました。

ただ、その外見、その性格に似合わず、素晴らしい知恵の持ち主とされ、彼を捕らえて強く迫った者にそれを教えると言います。
ミダス王は彼を酔わせて縛り上げ、また詩人のウェルギリウスは二人の羊飼いに彼を捕らえさせています。

のちにシレノスは、シレノイ(シレノス族)という部族にまで発展しました。
その指導者はパッポシレノス(シレノス爺さん)と呼ばれ、ルネサンス期にはこぞってこの「シレノス爺さん」を描くことが流行しました。
ローマ神話では、シレノイはサテュロスと同じものとされています。



●亜種・別名など
セイレノス/シーレーノス/セイレーノス

« シルフ(シルフィード)Shylph/Shylpeed | トップページ | シトリSitri »

ギリシア神話の神々」カテゴリの記事