« スキュラSkylla | トップページ | スライムSlime »

2014年7月 6日 (日)

スレイプニルSleipnir

●オーディンの愛馬
スレイプニルは、北欧神話の主神オーディンの愛馬です。脚が8本あるとされ、その名前(「滑る者」)の通り、あらゆる場所、たとえ海の上でも空の上でも、滑るように走り抜け、どんな馬にも競走で負けることはありません。

この馬は、北欧神話の悪神ロキと、魔法の牡馬スヴァディルファリが交わることで生まれました。その経緯は次のようになっています。


●牡馬とロキの子
巨人族の攻撃によって弱っていたアスガルドの壁は、ヴァン神族とアース神族との戦いで、ついに壊れてしまいます。
そんなとき、ある石工が馬を連れて「この壁を直しましょう」と言いました。その代わり、女神フレイアを妻にすること、太陽と月を彼のものとすること、などを条件として出してきます。

この申し出はあまりにも受け入れがたいものだったので、神々が悩んでいると、悪神ロキが「6ヶ月以内に直せたら、その条件を呑もう」と言い出したのです。
石工は頷き、その代わり、彼の馬スヴァディルファリの手伝いを求めました。神々はこれを了承します。

果たして、石工の仕事は早いものでした。神々は彼の要求を呑まなければならないとの不安に駆られ、ロキを責め立てます。
そこで、ロキは牝馬に変身し、彼の強力な助けとなっているスヴァディルファリを巧みに茂みへ誘い、翌日までそこにとどまらせます。

結局、スヴァディルファリが主人のもとへ帰るのが遅すぎたため、壁は期日までに直りませんでした。
怒った石工は、岩の巨人としての正体を表し、神々に襲いかかりました。それに対し、雷神トールは、ミョルニルと呼ばれるハンマーで応戦します。結果は岩の巨人の負けでした。

一方、馬の姿でスヴァディルファリと交わったロキは、子供を孕み、8本脚の牡馬を生み落とします。彼は、これにスレイプニルと名付け、オーディンに与えました。

« スキュラSkylla | トップページ | スライムSlime »

北欧神話の怪物」カテゴリの記事