« 砂かけ婆Sunakake-Babaa | トップページ | タラスクTarasque »

2014年7月 6日 (日)

タロスTalos

●青銅の巨人
タロスはギリシア神話に登場する、青銅の巨人です。
その生まれは姿かたち、諸説ありますが、一般的にはヘパイストスが作り上げた青銅人間(ロボット)という姿で知られ、ミノス王に与えられました。
ゼウスがエウロペをさらってクレタ島に連れて来た時、その守りを彼に任せたという伝承もあります。

彼は1日3度、クレタ島を巡回し、近づく船があると巨石を投げて撃退する機能がありました。
高熱を出して自分の身を灼熱させ、敵を抱きしめて焼き殺すこともできたようです。身体の中には首からかかとまで一本の血管が通っており、かかとにある青銅の釘がその終点となっておりました。


●アルゴ探検隊のタロス退治
金の羊毛を手に入れたアルゴ探検隊は、クレタ島に近づいた時、タロスの攻撃を受けたことがあります。

大岩を投げてくるこの敵に対処するため、アルゴ船に同行していた魔女メディアは、彼に呪文をかけ、その隙にアルゴ船の乗組員がかかとの釘を引き抜き、全身の血を抜いてしまいました。
こうしてタロスは退治され、アルゴ船は無事クレタ島沖を通過することができたという話です。

« 砂かけ婆Sunakake-Babaa | トップページ | タラスクTarasque »

ギリシア神話の怪物」カテゴリの記事