« 天狗Tengu | トップページ | トリトンTriton »

2014年7月 6日 (日)

ティタン神族Titan

●ティタン神族
ティタン神族は、ゼウスらが出現する前にこの世界を支配していた巨人族です。さまざまな男神、女神によって構成されており、男神をティタン、女神をティタニスと呼ぶこともありました。

ティタンという名前は「太陽神」を意味するギリシア語から来ており、元はヘリオスなどの存在を指していたとされています。金属のチタンや土星の衛星タイタンは彼らの名前から来ています。

一般にはウラノスとガイアの息子12人が知られており、オケアノス、コイオス、クレイオス、ヒュペリオン、イアペストス、クロノスの男神、テイア、レア、テミス、ムネモシュネ、ポイペ、テテュスの女神が有名です。
この他にもプロメテウス、エピメテウス、アトラスなどがティタン神族の一族に入ります。


●ウラノスからの政権奪取
父ウラノスは暴君でした。キュクロプスとヘカトンケイルが生まれて間もなく、彼らをただ「気持ち悪い」という理由だけで、タルタロス(冥界)に封印したのです。
それにショックを受けたガイアは、ウラノスに断罪を与えるべく、息子、娘たちに陰謀を持ちかけます。それに乗ったのは末弟のクロノスでした。

彼は父ウラノスが寝ている間に、その男根を切り取り、海に投げ捨てます。そして、ティタン神族による支配を確立するのですが、ただひとり、オケアノス(大洋)だけはこの陰謀に加わりませんでした。

ウラノスはその力を急速に失いますが、「お前もその子供によってその支配権を奪われるであろう」という神託を残します。
この言葉によって、クロノスが生まれた子供を呑み込むようになった……というのは有名な話です。


●ティタノマキア
クロノスは神託によって自分の政権が侵されるのを防ぐため、生まれて来る子供をことごとく呑み込みました。
それを悲しんだ妻のレアは、最期の子供、ゼウスをこっそり大岩と取り替えて呑み込ませ、ゼウスはニンフ(妖精)たちによって育てられます。

成長したゼウスは、オケアノスの娘メティスの協力によって兄弟たちを吐かせ、クロノスらティタン神族に戦い(ティタノマキア)を挑みます。

この戦いは10年間続きましたが、キュクロプスとヘカトンケイルを味方につけたゼウスらオリュンポス陣営の勝利に終わり、クロノスらはタルタロス(冥界)に封じられ、今も彼らはヘカトンケイルたちによって見張られているということです。



●亜種・別名など
ティタニス(ティタン神族の女性たち)

« 天狗Tengu | トップページ | トリトンTriton »

ギリシア神話の神々」カテゴリの記事