« ユニコーンUnicorn | トップページ | ヴァラクValac »

2014年7月 6日 (日)

ウリエルUriel

●四大天使のひとり
ミカエル、ガブリエルほどではありませんが、ウリエルも結構知名度の高い存在です。
熾天使(セラフィム、上級第一位の天使)と智天使(ケルビム、上級第二位の天使)を兼任する希有な存在で、太陽の統治者、神の炎、エデンの園の門番、そしてタルタロス(冥府)の統括者など、さまざまな美名で呼ばれ、その実力は天界の中でも群を抜いています。

ミカエルやガブリエル、ラファエルらとともに四大天使のひとりとして数えられることもあるようです。


●無慈悲な天使
一般に、天使は人間に対し慈悲深い存在と考えられがちです。人間側に立ち、人間に救いを与える連中が多いゆえのことなのでしょうが、ウリエルはそうした慈悲深さとは対極にいます。

「神の炎」を意味するその名前からも分かるように、彼はかなり激しい性格をしており、悪人の存在を絶対に許しません。

閻魔大王さながらに、地獄へ堕ちた悪人たちへ厳しい罰を与えて回り、「最後の審判」の日には冥府の門のカンヌキを粉砕して投げつけることさえします。
そして、偶像崇拝者や異教徒など、救いようのない悪人を地獄へたたき落とし、永遠の苦しみへと閉じこめます。

無慈悲と言えばあまりに無慈悲に過ぎる存在ですが、ガブリエルやラファエルなど、人間にやや甘い天使もいるので、バランスを考えてこうした天使の存在が考えられたのでありましょう。
もちろん、ただ厳しいだけではなく、生前に善行を働いた人間にはこの上ない慈悲をもって接し、魂を吹き込んで生き返らせたりもします。


●人間出身の天使
天使の中には、メタトロン(預言者エノク)のように人間から天使に変容する者がいますが、ウリエルもそのひとりで、彼はアブラハムの子孫でイスラエル諸族の祖先となったヤコブが天使になったものだと考えられています。なぜなら、ウリエル自身が次のように語っているからです。

「私は人間のあいだに住みかをつくるために地上へ降りた。私は名をヤコブと言う」(『ヨセフの祈り』)

もっとも、元が人間だからと言って人間に甘いわけではないのは、さきに触れた通り。
預言者モーセは彼の子孫に当たりますが、割礼(男女の性器の皮を切り取るユダヤの儀礼)を彼の子ゲルショムに対して行わなかったことを怒り、手ひどく批判しています。


●知識の伝道師
彼の一風変わった役割として、「秘術の伝授」というものがあります。
読んで字の通り、天界などに秘蔵されていた知識を人間に伝える役割です。例えば、錬金術やカバラ(ユダヤ神秘術)などは、このウリエルが地上にもたらしたものだと言われています。

また、彼は天界を訪れたエノクに、暦法や天文に関する知識や、天界の軍制に関することなどを30夜に渡って語り続け、さらに「天の板」と呼ばれる記録板まで開陳しています。

「天の板」とは、すべて読めば「人間と地上に住む全ての肉の子の行為を、未来永劫まで読み取」ることのできるもので、言わば人間の記録帳、オカルトで言うところの「アカシック・レコード」に当たります。

一説には、ウリエルではなくヴレヴェイルという別の天使が行ったという説もありますが、このような伝承が残ること自体、ウリエルが知識と深い結びつきを持つ存在であることを示しています。

« ユニコーンUnicorn | トップページ | ヴァラクValac »

キリスト教・ユダヤ教」カテゴリの記事