« ヴィネVine | トップページ | ウアルVual »

2014年7月 6日 (日)

ヴイーヴルVouivre

●半人半竜の怪物
ヴイーヴル(ウイヴル、ウィーヴル)は上半身が豊満な体つきの女性、下半身が翼の生えたドラゴンという姿の怪物です。
炎の身体で表現される場合もあり、主にフランスの城跡や修道院跡などに棲み、財宝を守護しています。

目はルビーかガーネット、もしくはダイヤモンドでできていると言われ、その光で闇の中を飛び回ります。これらの宝石は取り外すことができ、川で水を飲む時や寝る時には外して脇に置きます。
この宝石を人間に取られてしまうと、目が見えなくなるとも、死んでしまうとも言われています。


●フランス版ワイバーン
ヴイーヴルの伝承は、主にフランス各地に残っていますが、ドイツやスイスでもヴイーヴルに似た話を聞くことができます。いずれの地でも、雄はおらず、雌だけで構成されているとされています。

教会装飾として彫られることもあり、フランスの修道院の中には、柱頭にこの怪物があしらわれているものが散見されます。恐らくはガーゴイルのような効果を狙ったものではないでしょうか。

一説には、ヴイーヴルはイギリスのワイバーンと同じものであるとも言われています。実際、フランス中部の都市ヌーベルでは、ヴイーヴルはワイバーンと同じものとして扱われました。

この怪物は紋章にもあしらわれることがあり、その場合は上半身だけを外に出した子供をくわえ、身体をくねらせたフォルムで描かれます。
そのため、同じ半人半竜の怪物メリュジーヌと同一視されることもありました。「母性」の象徴と考えられることもあったようです。



●亜種・別名など
ウイヴル/ウィーヴル

« ヴィネVine | トップページ | ウアルVual »

怪物一般」カテゴリの記事