« ワームWorm | トップページ | ザガンZagan »

2014年7月 6日 (日)

ワイバーンWyvern

●ヨーロッパのドラゴン
ワイバーン(ワイヴァーン)はヨーロッパの伝承に登場するドラゴンの一種です。
その名前は「クサリヘビ」を意味する言葉から来ていると言われ、一説には、フランスのドラゴンであるヴイーヴルがイギリスに渡って変容したものと考えられています。

ワイバーンはフランスやイギリスの動物寓意譚によく登場し、その姿は頭がドラゴン、身体はヘビ、翼はコウモリで、2本の足を持ち、尻尾はモリのように尖っているとも、トゲが生えているとも言われています。

普段は陸の上に住んでいますが、湖にも現れることがあると言われ、その場合は足に水かきが生えています。
食性は肉食で、出合ったものは何でも滅ぼすとも言われています。

中世以降にはその雄々しい姿から、しばしば紋章のモチーフにも採り入れられました。ちなみに紋章学では「敵意」を表すともされています。



●亜種・別名など
ワイヴァーン

« ワームWorm | トップページ | ザガンZagan »

怪物一般」カテゴリの記事