« ゼウスZeus | トップページ | バシンBathin »

2014年7月 6日 (日)

ゾンビZombie

●ブードゥーの精霊
ゾンビは映画や小説などでお馴染みの「生ける死体」です。
術者が復活の儀式を行ったか、あるいは別の理由があるかなどで、身体は死んだまま復活を遂げ、術者(死霊術師、ネクロマンサー)の命令に従って他の人間を襲ったり、簡単な仕事をしたりします。
時には自分の意思で動き、術者自身をも殺してしまうような場合もあります。

このゾンビが実在すると言うと、驚く人も多いかも知れません。
正確には、ゾンビと呼ばれる人間が実在する、と言うべきでしょうか。
カリブ海に浮かぶ島ハイチ。その住民の間で信じられている民間信仰ブードゥー。

ゾンビとはもともと、そのブードゥーの秘法によって蛇の精霊ズンビーを憑依させた「死体」のことを差し、ゾンビ化された人間は司祭である黒魔術師(ボコール)の意のままに動きます。

かつては結社(コミュニティ)の掟を破った者や、犯罪をおかしたアウトローなどに多く施されていたようで、今でもしばしばゾンビ化された人の話を聞きます。


●ゾンビパウダー
もちろん、ゾンビが実在すると言っても、本当に死体に精霊を憑依させているわけではありません。

生きた人間を仮死状態にした後、「自分は死んでいる人間なのだ」「黒魔術師(ボコール)の言うことには逆らえないのだ」と強い暗示をかけているだけです。
だから、普通にものを食べますし、夜には寝ます。受け答えも(術者が許せば)きちんとできます。事故か病気かで本当に死んでしまえば、二度と復活することはありません。

この秘術には「ゾンビパウダー」という特殊な粉を使用します。
この粉にはフグ毒として有名な「テトロドトキシン」が含まれていて、服用した人間は意識ははっきりしているのに身体が動かなくなる、いわゆる金縛り状態に陥ります。
黒魔術師はその状態で暗示をかけ、身体の自由と引き替えに懲役などの刑罰を課したわけです。

だから、ハイチの人々は、今もこのゾンビ化の秘法を非常に恐れています。いつ自分がゾンビにさせられるか分からないからです。私たちが懲役刑や終身刑を恐れているのと一緒です。


●復活する死体たち
このように、ゾンビとは、比較的素朴な秘法のひとつに過ぎませんでした。それなのに、何故死体が蘇って人間を襲うような、非常に恐ろしいイメージを持つようになったのでしょうか。

それは、恐らくG・ロメロ監督の名作ホラー映画「ゾンビ(原題:Night of the Living Dead)」の影響によるものでありましょう。
この映画は三部作まで作られ、人気を博し、世界中にゾンビの名を轟かせました。

さらに、その設定を生かした小説・ゲーム・漫画が作られたり、世界中に点在するヴァンパイアやグール(生ける死体)の伝承と混同されたりして、次第にゾンビ=人間を襲う生ける死体のイメージが広まっていったのです。
むろん、本来のゾンビにそのような性質はありません。

なお、「ゾンビ・カクテル」と言われるものがありますが、これは怪物のゾンビとは関係なく、ラム酒とオレンジジュースを混ぜてシェークしたカクテルのことです。

名前の由来は、口当たりが非常に良いので飲み過ぎてグロッギーになるからとも、あまりに美味しすぎるため、マイケル・ジャクソンの「スリラー」よろしく、死体が起きあがって踊り出すからとも、あるいはオレンジ色のあの色調がゾンビの肌の色を連想させるから、とも言われています。



●亜種・別名など

リビング・デッド(生ける屍)/腐った死体/疆屍(キョンシー)/グール

« ゼウスZeus | トップページ | バシンBathin »

霊魂」カテゴリの記事