精霊

2014年7月 6日 (日)

ウィル・オー・ザ・ウィスプWill o' the wisp

●妖精の炎
明かり一つない夜、外を見つめていると、しばしば不思議な光が見えることがあります。まるで生きているかのようにゆらりゆらりと漂うと思えば、ふっと突然消えたり、あるいは突然別の場所に瞬間移動していたりします。

こうした現象は世界中で広く目撃されているもので、日本では「鬼火」「狐火」、ヨーロッパでは「ウィル・オー・ザ・ウィスプ」「イグニス・ファトゥス」などと呼ばれました。

その実態は、ご存知の方も多いように、地中から噴き出してきたメタンやリンなどの腐敗ガスに引火したもの、あるいは球電と言う稲妻の一種に過ぎないのですが、昔の人々はそれを「妖精(妖怪)が自分たちを化かそうとしているのに違いない!」と考えました。

「イグニス・ファトゥスIgnis Fatuus(愚かな火、愚者火)」や「狐火」といった名前はそんなところから来るものですが、墓場などでもよく目撃されることから、死者の魂が拠りどころを求めて彷徨っているとする考え方も結構根強く残っています。


●戒めの火
この不思議な火はしばしば戒めを持って私たちの前に表れます。
その戒めとは、目の前に出てきても、それを「絶対に」追いかけてはならないということ。追いかけたら最後、底なし沼か崖まで誘い込まれ、二度と戻ることはできません。

実際、夜に突然見える灯は危険のシグナルであることが多いのです。異邦人や盗賊たちが入り込んで暮らしていたり、底なし沼のメタンガスに引火していたり、山火事の発生の前兆であったり……。

死者の霊が冥府の口を開けている場合もあるので、いずれにしても迂闊に近づくと大変な目に遭います。


●鍛冶屋のウィルの伝説
それにしても、ウィル・オー・ザ・ウィスプWill o' the wispとはなかなかけったいな名前ではありますが、これは「種火のウィル」を意味します。なぜ不思議な火がウィルの種火なのか、それについては次のような話が残っています。

むかしむかし、あるところに鍛冶屋のウィルという男がいました。
彼は口は上手いが素行が非常に悪く、トラブルを起こして恥じ入るところがありません。そして、ある時それが原因で人と喧嘩をして、ついに殺されてしまいます。

死んだウィルは一旦「死者の門」まで辿り着き、聖ペトロの前に引き出されました。
この人物は死者の言い分を聞いて、天国に相応しいかそれとも地獄へ行くべきかを裁定する役割を持っています。
ウィルはここで持ち前の調子良さを発揮して、まんまとこの聖者を言いくるめ、何と生き返ることに成功してしまいます。

しかし、せっかく生き返ったのに、その性格は全く治らなかったので、二度目の死を迎えたとき、聖ペトロはやれやれと言った感じで言い放ちます。

「お前はせっかく生き返らせたのに、ちっとも良い行いをしなかったではないか。お前のような奴は地獄に入れるのすらもったいない。天国でも地獄でもない世界にとどまり続けるが良い!」

かくて、死者の門は目の前で閉ざされます。ウィルは後悔しましたが後のまつり。天国でも地獄でもない「煉獄(れんごく)」を彷徨うことを運命づけられます。

悄然として、とぼとぼと歩くウィルの姿を見て、さしもの悪魔も同情し、地獄の劫火の中で燃えさかる石炭をひとつ取り出し、ウィルに明かりとして与えました。

ウィルはそれを持って、今も現世と冥府の間を彷徨い続けています。
現世にも現れることがありますが、死んでいるので身体は見えず、種火の光がぼんやりと見えるのみです。そして、懐かしそうにうろうろと彷徨った後、再び煉獄へと戻っていきます。

こうした話から、夜中に不思議な光が見えるのを、哀れなウィルの姿になぞらえて「種火のウィル」、すなわち「ウィル・オー・ザ・ウィスプWill o' the wisp」と呼ぶようになったと言います。


●ウィル・オー・ザ・ウィスプのバリエーション
この不思議な光は、異名が他の怪物に較べ非常に多いことでも知られます。

さきに挙げた「ウィル・オー・ザ・ウィスプ」「イグニス・ファトゥスIgnis Fatuus」の他に、ウィル・ウィズ・ザ・ウィスプWill with the Wisp(種火を持ったウィル)、ジャック・オー・ランタンJack o' lantern(ジャックの角燈)、ヒンキー・パンクHinky-Punk(妖精の付け火)、ピンケットPinket(妖精のようなもの)、エルフ・ファイアーElf fire(妖精火)、ジル・バーント・テイルGyl burned tail(火付き尻尾のジル)など。
日本でも「人魂(ひとだま)」の他に「鬼火」「狐火」「不知火(しらぬい)」などの呼び名があります。

これは、この不思議な火が、いかに人々の間で「一般的な」存在として認知されてきたかというものを示しており、いかに多くの人々の中で語り継がれてきたかを表わすものでもあります。



●亜種・別名など
人魂(ひとだま)/鬼火/狐火/狐火/不知火(しらぬい)/セントエルモス・ファイアー(セントエルモの火)/イグニス・ファトゥス(愚かな火)/ウィル・オー・ウィスプ(種火のウィル)/ウィル・ウィズ・ザ・ウィスプ(同)/ウィリー・アンド・ザ・ウィスプ(同)/ウィル・オー・ザ・ワイクス(同)/ウィリー・ウィスプ(種火のウィリー)/ジャック・オー・ザ・ランタン(ジャックの角燈)/ジャッキー・ランタン(同)/ジャック・ア・ランタン(同)/エサスダン(エルフ)/ヒンキー・パンク(妖精の付け火)/ジル・バーント・テール(火付き尻尾のジル)/キット・ウィズ・ザ・キャンドルスティック(蝋燭立てのキット)/ペグ・ザ・ランタン(ペギーの角燈)

ウィンディーネUndine

●水の精霊
古来より水の精霊(水霊)に関する話は多く、泉から女神が出てきて褒美を与えてくれたり、池を汚したら主が怒って人々に罰を与えたという話は枚挙にいとまがありません。

中世の錬金術師パラケルススはこうした水霊に「ウィンディーネUndine」の名を与え、地のノーム、火のサラマンダー、風のシルフとともに四大精霊の一つに数えました。
ちなみにウィンディーネという名前はラテン語で「水のような」「波のような」を意味するウンディーネUndineに由来すると言われています。


●伝承に見るウィンディーネ
日本の昔話に「水神様」に関する話が多いように、ヨーロッパでも水霊は人気の的です。
いろんな民話・伝承にこの精霊が登場し、時には報償を施し、時には厳罰を課して、人間たちに希望と教訓を与えます。

「アーサー王物語」の中にも「湖の貴婦人」「グウレイグ」と呼ばれる湖の精霊たちが登場します。彼女たちは若きアーサー王を陰に日向に支えて、その覇道に大きく貢献しました。
聖剣エクスカリバーを与えたのも、臣下に裏切られて瀕死の重傷を負った王を「アヴァロン」と呼ばれる異界に連れ去ったのも、この貴婦人たちであるとされています。

ギリシア神話には「ニンフ」と呼ばれる精霊たちがしばしば登場しますが、彼女らもやはり水霊としての性質を色濃く持っています。
民話や伝承の中にも、水辺で精霊たちが遊んでいるのを見て恋情を覚えたとか、精霊が神々に言い寄られたという話がいくつも残っています。

「羽衣伝説」で有名な天女も、やはり海辺で遊んでいるところを捕らえられました。日本各地に残る「龍神様」の伝承も、ある意味ウィンディーネの伝承と言うことができるかも知れません。


●悪魔とウィンディーネ
一部のウィンディーネは、しばしば悪魔としての側面を持ちます。
旧約聖書に登場する水霊アリトンは、悪魔王ルシファーの協力者でもあったことから、後世にはデーモンの一種と見なされました。ルシファーを女性化した「ルシフェーラLucifera」も、しばしばウィンディーネのような姿で描かれることがあります。

アンデルセンの有名な童話「人魚姫」も、よくよく読んでみると、こうしたデーモン・ウィンディーネのイメージを下地にしていることが分かります。

悪魔と人間の契約と言えば、あるものを与える代わりに、本人が持つ最も大事なものを差し出させるというものですが、人魚姫も足を得る代わりに美しい声を失いました。
また、王子との恋に破れ、泡となってしまう部分についても、悪魔(=水霊=人魚)が魂(=相手の心)を手に入れられなかったゆえにその存在意義を失い、本来の水に戻ってしまうことを示しています。


●ウィンディーネの姿
男性のウィンディーネもむろん存在しますが、伝承に登場する彼らは、女性の姿を取ることが多いようです。
水浴びする女性の姿が、あたかも精霊のような雰囲気を漂わせるからでありましょうか。女性のウィンディーネたちは例外なく情熱的な性格で、しばしば人間の男性と恋に落ちます。しかし、その恋が完全な形で成就することはほとんどありません。

ドイツの作家フリードリヒ・フーケはそのものずばり「水妖記(ウィンディーネ)」と言う作品をものしています。
人間の騎士フルトブラントとウィンディーネの女が情熱的な恋をする作品ですが、騎士の方が人間の娘ベルタルダと結婚、あまつさえウィンディーネに暴言を吐くという「禁忌」を犯してしまったため、ウィンディーネは泣く泣く騎士に復讐せざるを得なくなるというお話です。
ここでも「ウィンディーネ=情熱的な女性」と言う設定が生かされています。

恋愛以外の場合でも、彼女らに悪口を言うのは最大のタブーです。
バカにする意思はなくても、水辺でウィンディーネを侮辱するような発言をすると、水の中からウィンディーネたちが飛び出して襲いかかり、水中に引きずり込まれます。
こうしたタブーを犯さなければ、彼女らは決して人間に危害を加えることはありません。



●亜種・別名など
ウンディーネ/アンダイン/ニクス/ニックス/ネック/グウレイグ/オンディーネ/オンディーヌ/湖の貴婦人(レディー・オブ・ザ・レイク)/水妖/ウォーター・エレメンタル(水の精霊)

シルフ(シルフィード)Shylph/Shylpeed

●風の精霊
シルフ(シルフィード)は風の精霊です。中世の錬金術師パラケルススが、著書「妖精の書」で言及した存在で、地水火風のうち「風」の属性をつかさどり、地のノーム、水のウィンディーネ、火のサラマンダーとともに「四大精霊」の一つにも数えられます。

一般にシルフShylphとシルフィードShylpeedという二つの呼び名が知られていますが、シルフは種族名で男性の精霊を差す時に使い、シルフィードは女性の精霊を差す時に使います。

シルフィードの綴りについてはこの他にShylphid、Sylphidなど、いくつか存在します。
ちなみに、ゲームで有名になった「SILPEED」は、そのゲームを制作したゲームアーツ社の造語で、正確なものではないそうです(デザインの都合なのだとか)。
種族名については、別に「シルヴェストル」という呼称を使う場合もあります。

シルフの名は「森」「樹木」を表すラテン語シルヴァSilvaと、精霊を意味するギリシア語ニンフNymphを掛け合わせたものであるとも、チョウに変身する昆虫を表すギリシア語Silpheに由来するとも言われます。
前者の名前は梢の間を流れる、爽やかな風のイメージです。後者が青虫なのかサナギなのか、それとも成虫を差すのかは分かりません。


●シルフの伝承
シルフに関する伝承は、あまり多くありません。中世も終わりかけの16世紀に考えられたということもあるのでしょうが、それ以上に、妖精そのものにシルフのような「風」のイメージがあるので、わざわざ新たな伝承を作る必要がなかったことが大きいのではないかと思われます。

むしろ、風の精霊としては、シェイクスピアの「テンペスト(嵐)」に登場する「エアリアル」の方が登場頻度は高いと言えます。
その他に、アレキサンダー・ポープの「髪盗人」に、主人公の少女ベリンダを守護する存在としてシルフのような者が登場するくらいです。

なお、民間伝承では、この妖精は人間と妖精のハーフであり、男女両性の特徴を持つ存在と考えられていました。
次第に、人に束縛されぬ軽やかなスタイルから、風を身にまとう乙女の姿と考えられるようになり、貞節な人は死後シルフになるとも言われました。
オカルトの世界では、シルフは「胆汁質」の人にのみ作用すると考えられています。


●シルフの目撃例
彼らに関する伝承が少ないのは、もう一つ、その実在が長い間信じられてきたことも影響しているかも知れません。
中世の魔法書には「シルフとの出会い方」なんてものが結構多く書かれていて、それを実際に試した人も厖大な数に上ったようです。

ちなみに、この精霊は、「風」らしく高いところを好むようで、彼らに出会いたければ「教会の尖塔に上」ったり、「高い場所に綱を張り、その間を歩く」のが良いとされています。「高山の頂上で逆立ちをする」なんて変わったものもあります。

20世紀初頭に実在した魔術師ダイアン・フォーチュンは、高所恐怖症でありながら高山の頂上に上って、見事シルフと出会うことができたと言われています。


●シルフの名を冠するもの
風のように舞い踊るというイメージから、シルフの名はしばしばバレエダンサーの尊称としても使われます。
「シルフィード」「エアリアル」の名を冠する演目は結構な数に上り、特に「ラ・シルフィードLa sylphide」と名付けられた作品は19世紀バレエの最高傑作と言われ、初演から100年以上経った今でもしばしば演じられます。

また、空を自由に駆けめぐるという辺りから、戦闘機の美称としても使われ、特にゲームやSF作品などでその傾向が強いようです。
こうして「シルフ(シルフィード)」の名を与えられたものとしては、神林長平のSF小説「戦闘妖精・雪風」に登場する「スーパーシルフ」や、さきに少し触れたゲームアーツ社の「シルフィード」などが挙げられます。



●亜種・別名など
シルフィード(女性形)/ジルフェ/シルヴェストル/エアリアル(神の炉)/エリアル/エア・エレメンタル(空気の精霊)

サラマンダーSalamander

●火の精霊
サラマンダーは中世の錬金術師パラケルススが、著書「妖精の書」で言及した精霊です。
地水火風の属性のうち「火」をつかさどり、「四大精霊」のひとつにも数えられます。炎の中で自在に動くことができる反面、この炎から離れて生きることはできません。
しばしば「火トカゲ」の名前で呼ばれることもあります。


●サラマンダーと山椒魚
もともとは、トカゲではなく山椒魚を差していたらしく、サラマンダーという名前も、ラテン語で「山椒魚」を意味するサラマンドラSalamandraに由来するものです。

おとなしい両生類が火の象徴というのも奇妙な話ですが、古代ローマ時代、この動物は氷のように冷たく、火に触れるだけで溶けると考えられていたのです。
恐らくは水辺に多く棲み、身体が粘液でヌラヌラと常に濡れていることからの連想でありましょう。

その「火に弱い」ハズの山椒魚は、同じく古代ローマ時代に存在した(と考えられた)有翼の火トカゲ「ピュラリス」のイメージと次第にごっちゃにされて、何故か火に強いトカゲと考えられるようになります。
トカゲの仲間には、火に放り込むと体液を分泌して体温を下げようとするものがあります。

いずれにしても、はっきりしていることは、パラケルススが指摘する遙か前から、このような「火に強いトカゲ」の存在が指摘され、その生態が考えられてきたと言うことです。


●サラマンダーと錬金術
この動物は、錬金術に欠かせぬ「火」をつかさどることから、錬金術そのものの象徴と見なされました。
ゆえに、巷間の錬金術師たちはこぞってこの奇妙な「火トカゲ」を崇め、奉り、その存在を信じてきたのです。

実在を疑わぬ人も多く、イタリアの彫金師チェリーニや、アイルランドのノーベル賞詩人W・B・イェイツのように、実際に「サラマンダーを見た!」と主張する人も少なくありません。
ちなみに、イェイツは20世紀まで生きた人物です。アイルランドの独立運動にも参画しています。

実在が信じられた根拠の一つは、「サラマンダーの皮」と称するものがヨーロッパじゅうに広く出回ったことによるものです。

この皮は、まるで綿のように柔らかいのに、火にかけても燃えるどころか焦げすらつきません。
もちろん、その正体は精霊の皮でも何でもなく、今話題の石綿(アスベスト)の布に過ぎないわけですが、人々はそんな無味乾燥な真実より、火を食べて熱に強くなったトカゲの皮だ、あるいは火の糸を紡いで作った炎の布だ、というロマンチックな伝説の方を信じました。

江戸期の日本にも、しばしばこの「サラマンダーの皮」が持ち込まれたようで、発明家・平賀源内はこの不思議な布に「火浣布(かかんふ)」という名前をつけています。「火で浣(あら)う布」の意味です。


●サラマンダーの外見
サラマンダーの外見は伝承によってさまざまです。これは、広い地域で多くの人に語り継がれてきたためだと考えられています。

一般的には、「火トカゲ」の名にあるように炎に包まれるトカゲの形と言われておりますが、人間の姿を取るとするものも多く、ヨーロッパの民話ではしばしば「女性」の姿で描かれます。
炎→情熱的→女性という連想によるものでしょうか。なお、情熱的な女性は死ぬとすべてサラマンダーになるという説もあります。

ゲームを含む現在は、ほとんどの場合、男性の形で描かれるようです。
こちらは炎→燃える→攻撃的→男(漢)のイメージでしょう。アラビアの魔神イフリートのイメージも、もしかすると影響しているかも知れません。


●エンターテイメント作品に見るサラマンダー
サラマンダーは四大精霊という属性のゆえか、敵役として、あるいは魔法の源泉として、多くのエンターテイメント作品にその名前が登場します。
ただ、同じ炎系の精霊であるアラビアのイフリートと混同されやすいのも彼らの特徴で、地のノーム、水のウィンディーネ、風のシルフといった部分は共通しているのに、なぜか火の精霊のみイフリートに置き換えられているといった作品もしばしば見かけます。



●亜種・別名など
サラマンドラ/サラマンドル/火トカゲ/ピュラリス/ヴァルカン/ファイア・エレメンタル(火の精霊)

2014年7月 3日 (木)

ノームGnome

●地の精霊
ノームは小人もしくは精霊の名前です。絵本や童話の影響からか、今でこそ小人としてのイメージが強い存在ですが、もともとは精霊に属するもので、中世随一の錬金術師として名高いパラケルススによって初めて言及された存在です。
著書「妖精の書」には、水のウィンディーネ、風のシルフ、火のサラマンダーとともに、地の属性をつかさどるノームの名前が記されています。

ノームGnomeという呼称は基本的に男性、もしくは種族名を差し、女性の場合はノーミーデスGnomides、もしくはノーミードGnomidという呼び名を使います。

ノームという呼称の由来には諸説あって、ギリシア語の「地に棲む者」を意味する「グノームスGenomus」から来るという説、同じく「大地のすみか」を意味するグノーモスGenomosから来るという説などがあります。
他に、やはりギリシア語で「知恵」を意味するグノーシスGnosisから来るなんて説もあるようです。


●小人としてのノーム
ノームは地の精霊であり、地には小人が棲む。こういう連想からなのかは分かりませんが、他の精霊に較べて、ノームは比較的早い段階で小人とされました。
今もその名残は根強く残っていて、童話の中にも「小人」と書いて「ノーム」と読ませるものは数多く存在します。ドワーフやコボルト(コボルド)のような妖精と同一視することもありました。

ヴィル・ヒュイゲンの「ノーム」シリーズには、こうした妖精としてのノーム像が描かれています。
彼らは赤いとんがり帽子をかぶり、陽気で明るく、地面に穴を掘って暮らしています。手先は器用でいろんなものを作ることができますが、他種族との交流については不得手としており、特にトロールたちを大の苦手としているそうです。


●錬金術とノーム
錬金術では、「地はあらゆるものを内包する」というイメージから、彼らを「知恵」の象徴と見なしました。
ゆえに、錬金術師たちはこぞってこの精霊を崇めたと言います。その背景には、恐らく地→鉱物→財宝→錬金術、というイメージも働いていたのではないかと思います。

アレキサンダー・ポープの「髪盗人」では「真面目すぎ、淑女ぶる女」は「ノームの方へ下降してゆく」と書かれています。



●亜種・別名など
グノーム/ノーミード(女性形)/ノーミーデス(同じく)/ピグミー/ドワーフ/グノーム/アース・エレメンタル(大地の精霊)